肌の露出が多い季節!セルライトは運動で消せる?


これから夏にかけて、肌の露出をするようなお洒落が楽しい季節ですね。しかし、皮膚の表面に現れる凸凹したセルライトが気になり、肌の露出を躊躇している方も多いのではないでしょうか。セルライトは運動をすることで解消できることが多く、その方法をご紹介しましょう。

そもそもセルライトとは?

セルライトは溜まってしまった皮下脂肪と老廃物がくっついたもので、「一度できてしまうと運動などでは落としづらいと美容業界では言われています。しかし、医学的には、セルライトのあの凸凹は、皮下脂肪が肥大化して、その中にある線維芽細胞が皮膚の方へ引っぱられて起きる現象であり、「皮下脂肪と変わらない」と考えられています。エステや美容クリニックでないともう落ちないと思われているセルライトですが、皮下脂肪と同じであるならば、運動であの凸凹を改善することは可能なのです。

 どんな運動が有効なのか?

それでは、セルライトに効く2つの運動をご紹介しましょう。

<有酸素運動>
有酸素運動とは、酸素を体内に取り込み、脂肪を燃やすことでエネルギーへと変えて行う運動です。体に溜まった皮下脂肪を分解し、燃焼させることで、セルライトは徐々に減っていきますから、セルライト解消に効果的な運動といえます。有酸素運動として、ウォーキングや水泳、エアロビクスなどが挙げられます。

<筋肉トレーニング>
いわゆる筋トレはセルライトの減少=脂肪の燃焼には直接関わりません。しかし、有酸素運動の前に筋トレをすることで、脂肪が燃焼しやすくなることがわかっていますから、筋トレもセルライトに効く運動といえます。

運動は逆効果とも聞いたけど本当?

セルライトを減らすために運動をすると、逆効果になってしまうということはないです。筋肉を酷使する激しい筋トレを行うことによって、自衛のために筋肉を守ろうとして水分を多く貯め込み浮腫んでしまうことから、そのような誤解が生じたのでしょう。筋トレで筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がれば、皮下脂肪が燃えやすく太りにくい体質へと改善されます。激しい筋トレはNGですが、適度な筋トレは有酸素運動と共にセルライトに効果的な運動と言えます。

まとめ

セルライト解消には、エステや美容クリニックの方がすぐに効果が早いと感じるかもしれません。しかし、体質を変えなければその効果は一回限りです。適度な運動でセルライトを解消し、夏を楽しんじゃいましょう!