自宅で手軽にできるダイエット!器具を使って有酸素運動をしよう


スポーツが苦手な人にとって、運動で痩せることはハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、器具を使って自宅でカンタンにできる有酸素運動は、単純な動作を繰り返すだけなので、気軽に始められて、ダイエット効果が期待できます。

有酸素運動と無酸素運度の違いは?

160801_8_2 運動には有酸素運動と無酸素運動があり、有酸素運は酸素をとりこんで、たまっている脂肪を燃焼させます。20分以上有酸素運動を続けることが、脂肪の分解に効果的とされています。有酸素運動は軽度から中程度の運動強度のため、運動が苦手な人でも始めやすいでしょう。ダイエットを考えたら、器具等を使って自宅で取り組みやすい運動から始めてみましょう。

自宅運動のおすすめ器具1:踏み台昇降

踏み台昇降は昇って降りるだけの簡単な動作の繰り返しのため、有酸素運動の中でも取り組みやすい運動です。雑誌などをガムテープでまとめて固定して代用するといった台を手作りする方法もありますが、踏み台昇降専用の台の方が、安定感があり滑りにくいです。階段の段差を利用して、踏み台の代わりとする方法もあります。

踏み台昇降は大腿四頭筋や大臀筋を鍛えられ、筋トレの効果も期待できます。 踏み台昇降には以下のメリットがあります。

  • 広いスペースがなくてもできる
  • お金がかからない
  • 運動強度を自由に変えることができる

有酸素運動のおすすめ器具2:フラフープ

160801_8_4 ウエストのくびれつくるには、腹斜筋を鍛える必要があり、フラフープを使った有酸素運動が効果的です。
たった10分間の運動で、100 Kcalも消化できるトレーニングメニューをご紹介します。

まずは、時計回りに4分間回す。2分間の休憩をはさみ、今度は半時計まわりに同じく4分間回す。
たったこれだけの運動で、体幹を鍛えられ脂肪が燃焼しやすくなります。
さらに、骨盤のゆがみも調整され、ぽっこりお腹も解消。腸などの内臓の下垂が改善されるため、便秘の改善にもつながります。

有酸素運動のおすすめアイテム3:エア縄跳び

ウォッチ 縄跳びをやるにはスペースが必要ですが、エア縄跳びなら家で手軽にやることが可能です。エア縄跳び専用のアイテムも市販されています。縄跳びは足の筋肉だけではなく、腕や肩甲骨まわりの筋肉も使う全身運動です。筋肉量が増えると代謝のアップが期待できますので、ダイエット効果が高まることが期待できます。

縄跳びのメリットは以下になります。

  • 低コストでダイエットができる
  • 新陳代謝を高める効果がある
  • リズム感を向上することができる

まとめ

自宅でできる有酸素運動によるダイエットとして、エクササイズが収められたDVDを見ながら運動をする方法もあります。ただし、有酸素運動を数日続けただけでは効果は現れにくいため、毎日ではなくても1日おきにやるといったようにペースを決めて続けていくことが大切です。