食欲の秋!美味しい上に健康美人になれるおすすめ秋の味覚5選


楽しい夏が終わったら、秋の味覚が盛りだくさん!美味しい秋がやってきました。せっかくだから、美味しい上に健康にも美容にも良い秋の味覚を楽しんでみませんか?食欲の秋におすすめの、美味しくて健康になれる食材をご紹介します。

秋の味覚の王様といえばこれ!夏の疲れに効く秋刀魚(サンマ)

20160825_75_2

魚売り場に秋刀魚が並ぶと、秋だなあと感じますね。この秋刀魚、良質なたんぱく質とビタミンA,ビタミンB2やビタミンB6などを含み、夏に冷たいものを食べ過ぎて疲れた胃腸を温め、夏の疲れを回復してくれる働きがあります。また、不飽和脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を多く含んでいます。DHAは、脳の活性化に作用して頭の働きを良くし、抗うつ作用もあります。また善玉コレステロールを増やすとされています。一方、EPAは血液をサラサラにして血栓を防ぎ、また抗炎症作用などがあると言われています。

森の恵みのきのこは女性の強い味方!

20160825_75_3

秋になると色々な種類のきのこが店に並びますが、きのこは低カロリーで食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富で女性にとっても嬉しい食材です。食物繊維は腸の運動を促し、便秘がちな人のお通じを助けてくれますが、同時に体内の毒素を体外に排出するデトックス効果もあります。夏の間に食べ過ぎ、飲み過ぎで身体に溜まった余分な脂肪を排出してくれるので、積極的に摂りたい食材です。

サツマイモは天然美容サプリ!

20160825_75_4

さつまいもというと、食物繊維が豊富というイメージですが、実はその他にもビタミンCがリンゴの5倍以上と豊富に含まれています。さつまいものビタミンCはでんぷんで守られており、加熱料理でも壊れにくい性質も。また、さつまいもの皮に含まれるクロロゲン酸はポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、シミケアに効果があります。食物繊維にビタミンC、そしてポリフェノールと、さつまいもは天然美容サプリメントと言えます。

柿はむくみが気になる人におすすめ!

20160825_75_5

秋の味覚の中には、梨や柿、葡萄、リンゴなどがありますが、特におすすめしたいのが柿です。柿には豊富なビタミンCが含まれており、その量はレモン1個分より多いと言われています。またカリウムやタンニンなども含有しており、カリウムは利尿作用や水分代謝に働くので、むくみが気になる人に最適です。また、タンニンは抗酸化作用があり、血液をサラサラにしてくれます。美容にも健康にも良く、簡単に摂取できる柿、ぜひ食べてみてください。

秋ナスで夏バテの疲れた身体をリフレッシュ!

20160825_75_6

秋の味覚といって思い出すのが、秋ナス。煮ても、焼いても、揚げても美味しいですね。昔のことわざに、「秋茄子は嫁に食わすな」というものがありますが、これは「美味しい茄子は嫁に食べさせたくない」という、姑の嫁いびりの意味にも取れますね。
ナスは9割以上が水分で、栄養素の量は少ないのですが、ナスの紫色の元であるアントシアニン系の色素ナスニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用があり、コレステロールを下げ、疲れ目の改善が望めます。また、ナスは体の熱を冷まし炎症を抑える効果があると言われており、最初にご紹介した「秋茄子は嫁に食わすな」は嫁の身体を冷やさないようにという姑の優しい思いやりだったのではとも言われています。

まとめ

身体にも美容にも効果抜群の秋の味覚を5つご紹介しました。この他にも秋の味覚は、梨や葡萄などの果物、栗やサトイモ、カボチャ、銀杏とまだまだあります。健康を意識しながら、秋の味覚を楽しんでください。