その体調不良は秋バテ!?秋バテの症状と改善するための食事とは


秋になって、身体の不調に悩まされていませんか。疲れが抜けにくかったり、だるさを感じていたりする人は、「秋バテ」かもしれません。天候の変わりやすい秋は、体調を崩しやすい季節です。秋バテの症状や原因、改善するための食事について解説します。

秋バテの症状や原因とは

20160825_77_2

秋バテの症状は、肩こりや頭痛、めまい、倦怠感といったもので、食欲不振や睡眠障害が起こることもあります。

秋バテの原因は大きく分けると2つあります。1つは、夏の身体の不調を抱えたまま、秋を迎えることによるものです。夏は室内外の気温差の違いに身体がついていけず、自律神経のバランスを崩したり、冷房の中で過ごす時間が長く、血行不良となったりする人が少なくありません。

2つ目は、秋の天候の影響によるものです。9月はまだ夏のように暑くて半袖で過ごす日もあれば、肌寒く長袖を着る日もあるなど、気温が安定しません。暑さや気温の差に加えて、長雨や台風などによる気圧の変動も身体への負担となります。

秋バテは食事で改善しよう

20160825_77_3

秋バテの身体には、消化がよく身体を温めてくれる食事が向いています。ショウガには血行を促進し、身体を温める効果や胃腸の調子を整える作用があります。ショウガを入れた野菜スープにすると、消化もよくおすすめです。トウガラシにも血流を改善する効果がありますが、刺激が強く、胃に負担がかかるので、秋バテのときには、避けるようにしましょう。

また、豚肉は疲労回復効果のあるビタミンB1を豊富に含んでいますので、豚汁や鍋物として摂るのもおすすめです。

秋の旬の食べ物では、サツマイモは消化がよく、ビタミンB1やストレスに抵抗するビタミンCなどが豊富で栄養価が高いです。食欲がないときに蒸したり、レンジで加熱したりするだけでも摂ることができます。

まとめ

夏バテからの疲れが残っている人も、食生活に気をつけて体調を回復し、食欲の秋を楽しみたいですね。食欲がないときにも、少量でも消化のよいものを口にするようにしましょう。秋バテの改善には、ぬるめのお湯でゆったりと入浴するのも効果があります。