夏の強敵・・・備えておきたい日焼け対策グッズ


日焼け対策は、日焼け止めを使っただけでは十分に紫外線を防ぐことは難しいです。日焼けを防ぐためには、日差しから身体を覆うことも大切です。そこで、外出時に身に着けるおすすめの日焼け対策グッズをご紹介します。

目からの日焼けを防ぐ「サングラス」

UVカット サングラス

目からの日焼け対策グッズとして、サングラスが効果的です。紫外線を浴びると、刺激から皮膚を守るため、メラニンが大量につくりだされることで肌が褐色化し、日焼けといわれる状態になります。肌を隠したり、日焼け止めを使用したりしても、目から紫外線が入ることによって、メラニンをつくる指令が脳から送られます。日傘を使っても、目から入る紫外線は十分に遮ることはできないため、サングラスは日焼け対策グッズとして欠かせません。

日焼け対策に帽子とサンバイザーはどっちがいい?

日よけ帽

頭にかぶる日焼け対策グッズとして、帽子とサンバイザーがありますが、どちらが効果的なのでしょうか。
頭が蒸れにくく、涼しいのはサンバイザーですが、頭頂部の日焼けを防げないため、頭皮や毛髪が紫外線のダメージを受けてしまうので、帽子の方がおすすめです。また、つばの部分が広いと、顔への紫外線をカットできる範囲が広がります。つばが7㎝~10cm程度の通気性のよい帽子を選びましょう。

自転車の日焼け対策グッズ

20160812_81_4

自転車での腕への日焼け対策では、UVカット機能のついた薄手のカーディガンやショートジャケットはズレる心配がなく、通勤で自転車に乗る人でも、おしゃれで着やすいでしょう。手の甲までを覆うタイプは、手袋を着用せずに済みます。サイクリストの場合は、アームカバーとグローブを併用して着用すると走行性を保てます。
首回りの日焼け対策グッズは、UVフェイスマスクが便利です。ヘルメットには日差し対策として、つばのついたタイプもあります。

もし日焼けしてしまったときの対処法

20160812_81_1

日焼けをした直後は皮膚が熱を持った状態ですので、冷たいシャワーや水風呂、薄手のタオルを巻いた保冷材などで冷やします。その後、水ぶくれができていたり、ヒリヒリと痛みがひどかったりする場合には医療機関を受診しましょう。
また、日焼け後の肌は乾燥しているため、保湿が必要な状態ですが、化粧水やクリームなどは刺激となる可能性があるため、ワセリンを塗りましょう。

まとめ

日焼け対策は肌に紫外線を当てないことが基本です。紫外線への対策を怠ると、皮膚がダメージを受けて、シミやソバカス、乾燥などの肌トラブルの原因になります。上手に日焼け対策グッズを活用して、美肌で秋を迎えたいですね。