バスケットボール観戦を楽しむために!ルールや見どころ、知っておくべきことを解説


漫画スラムダンクで、一躍日本でも有名になったバスケットボール。狭いコートの中を猛スピードで走り回るハードなアメリカンスポーツで、シュートやフリースローなどの技術力やダンクといった豪快なシュートといった見所たっぷりのスポーツです。

 バスケットボールってどんなスポーツ?

20160715_34_2

バスケットボールは1チーム5人で、それぞれ相手チームのリングにボールを入れることで得点を獲得する球技です。攻防の入れ替わりが早く、俊敏性・体力・技術力が必要となります。また、相手の妨害を交わすためにもスピードだけでなく、頑強な身体も必要となります。プレイ時間は1試合40分、1クォーター10分を4回で行います。40分の間に勝敗が決しないときは延長戦となります。

他の球技よりも得点が入りやすいので、観客席が常に換気と落胆を繰り返す活気溢れるスポーツでもあります。ポイントゲッターがいるチームは強い傾向にありますが、総体として、選手全員のバランスが優れているチームの方が勝ちやすいとされています。

 ここがおもしろい!バスケットボールの見どころ!

20160715_34_3

バスケットボールの魅力は個人の能力と団体競技特有のチームワークのバランスが重要な点にあります。NBAのスーパースターだったマイケル・ジョーダンのような華麗な技術で観客を魅了するのはもちろん、1試合で約100回攻防が入れ替わるスピーディーな展開は選手同士のチームワークがなければ生まれません。また、どんなに実力差があったとしても両チーム得点が全く入らないということもありません。バスケットボールは全員で攻撃・防御を展開するスポーツのため、相手チームからいかにボールや得点を奪うかを予想しながら楽しむことができます。

 これだけは押さえておきたい!バスケットボールの必須知識3つ!

20160715_34_4

試合の時間を覚えよう

バスケットボールは相当のスタミナが必要な消耗の激しいスポーツです。そのため、1試合40分ですが、10分毎に休憩が入ります。

○秒ルールがある

バスケットボールにはボールを持っている時間の制限があります。

  • 攻撃時のゴール下には5秒以上いてはいけない
  • ドリブル以外でのボール保持時間は5秒
  • 攻撃の時はバックコートからフロントコートまで8秒以内で運ぶ
  • 攻撃時には24秒以内にシュートを打たなければならない

など、このようにボールを保持する時間が制限されているのもバスケットボールの特徴です。

得点ルールを知ろう

バスケットボールの得点はファウルで得られるフリースローでは1点、3Pラインでのシュートが3点、その他のシュートが2点となっています。

まとめ

バスケットボールは攻防の入れ替わりの速さ、ボールの保持時間の制限など「スピード」が求められるスポーツです。その他、華麗な個人の技術やチームワークなどを楽しめ、激しい得点の奪い合いを観戦できるスポーツです。