サッカー男子ダイジェスト!決定力は向上も守備は課題が残る


もはやスポーツの域を超え、国の威信をかけた戦いに発展したサッカー。世界でのプレイ人口も多く、世界中の人を興奮の渦へと巻きこみます。今回のリオデジャネイロ五輪オリンピックも白熱した戦いが繰り広げられています。

宮本武蔵戦法!?ナイジェリアには惜敗!

交通トラブルにより、試合開始6時間前に現地入りをしたナイジェリア代表選手。コンディションの心配もありました。しかし、さすがはプロのサッカー選手。つい先ほど到着したとは思えないほどのプレイを見せたナイジェリア。前半早々に日本は1点を決められ、その後、PKで同点に追いつくも引き離されるという結果が繰り返されます。後半では3点も引き離され、追う一方の日本でしたが、MF浅野拓磨選手、FW鈴木武蔵選手が意地の食らいつきを見せ、試合終了直後まで1点差まで追いつくも、あと1歩足りず、残念ながら敗れてしまいました。メンタルの強さや決定力の向上が見られましたが、1試合で5失点となるなど守備の修正が急務となる試合展開となりました。

日本 VS コロンビア

第二戦は強豪コロンビアと対戦。前半は両チームとも1歩も引かず、ゴールを奪えない展開となりましたが、試合が動いたのは後半14分。コロンビアのFWデオフィロ・グティエレンス選手が先制ゴールを決め、1-0となります。その後、後半20分に日本は痛恨のオウンゴールをしてしまい、コロンビアに追加点を許してしまいます。しかし、今回のサッカー日本代表はメンタルの強さと決定力が違います。ナイジェリア戦でも流れを変えるきっかけとなったFW浅野拓磨選手が後半22分にゴールを決め、その後、後半29分にはMF中嶋翔哉選手が追加点を決め、2-2へと振り出しに戻ります。しかし、無情にも終了のホイッスルがなり、残念ながらドローとなってしまいました。前半戦のオウンゴールさえなければ、勝利できたかもしれない試合結果となってしまいました。やはり守備にはかなり大きな課題があるといえます。

現在グループ3位、スウェーデンは必勝が条件

現在、日本のグループ内順位は得失点差-1の3位となっています。同じグループ内の スウェーデンと同順位のため、次のスウェーデン戦は必勝が条件となります。持ち前のメンタルの強さと決定力で大量得点を奪えれば、決勝進出も夢ではありません。スウェーデン戦は日本時間8月11日(木)7:00からとなっています。

まとめ

メンタルの強さ、そして決定力は以前の日本代表が常に課題としていた項目でしたが、今大会ではその2つが大きく向上していることがわかった試合でした。しかし、ナイジェリア戦やコロンビア戦でも見て取れた様に守備には大きな穴があり、課題が残ります。この課題を迅速に解決することが今大会での大きな鍵となります。