初心者でも波を制覇できる!ボディボードを始めてみよう!


何かマリンスポーツを始めたい!と考えているあなた、ボディボードはいかがですか?ボディボードは初心者でも波に乗る感覚を体験しやすく、また体力や筋力などに関係なく取り組めるので、何歳からでも始められるスポーツです。

波と一体化できる感覚がやみつきになるボディボードの魅力とは?

ボディボードとは、1970年にハワイ島で誕生したマリンスポーツです。サーフィンよりももっと気軽に波と遊べる方法はないか、という考えを元に、トム・モーリーによって開発されました。
ポリプロピレンなどの発泡素材でできた、全長が90~110cm程度のボードの上に腹ばいになり、前後左右の体重移動でボードをコントロールしつつ波に乗ります
波が海水を巻き上げる力に上手く乗ってスピード感ある波乗りができたり、波と一緒に回転したりしていると、まるで自分が海や波と一体化したような気持ちになり、大自然を肌で感じることができます。そんなスピード感と解放感がやみつきになるスポーツです。

ボディボードの魅力のひとつは、誰でも気軽に楽しめること。サーフィンに比べて体力や筋力がなくても波に乗れるので、女性やこどもから、若い人だけでなく60歳の人でも始められます。基本姿勢がボードの上に腹ばいなので安定感があり、マリンスポーツの中でも「波に乗る」感覚を比較的つかみやすいといえるでしょう。
そしてボードも軽くて柔らかい発泡材製なので、他人とぶつかってもケガや事故になりにくく、安全に遊べることも利点です。
また、ボードやウエットスーツなど、用具を全て揃えても10万以下と、初期投資が比較的安く済む点も初心者には嬉しいポイントです。

ボディボードとサーフィンの違い

波に乗るスポーツといえばサーフィンが有名ですが、ボディボードとサーフィンではどんなところが違うのでしょうか。

まず一番の違いは、サーフィンはボードの上に立つのに対し、ボディボードは腹ばいであること。波に乗った時のスピードは、両者とも同程度といわれています。しかしボディボードはサーフィンと違って、顔のすぐそばに水面がある状態なので、体感スピードはサーフィンのおよそ倍。顔のギリギリのところまで水面が迫ってくる状態で滑るのはかなり迫力があり、ボディボードの醍醐味といえるでしょう。

また、足にダイビングのようなフィン(足ひれ)をつけることも、サーフィンと大きく異なる点です。ボディボードで使うボードはサーフィンのボードよりも小さく推進力がないために、足で水をかいて進む必要があるからです。サーフィンのパドリング(ボードの上に寝そべり、腕で水をかいて進む動作)と同じ役割の動作になります。フィンをつけずに行うこともできますが、よりダイナミックな波乗りをしたいのであれば、やはりフィンで推進力を増す必要があるでしょう。

ボディボードのテクニックにはどんなものがある?

サーフィンと同じく、ボディボードにもさまざまなテクニックがあります。その中から、ボディボードならではの技をご紹介します。

スピン

波の上に乗り、横方向に回転する技術のことです。スピンは初心者が憧れるテクニックの1つ。波に乗って進む基本技術を身につけた後に、習得を目指すといいでしょう。 スピンには2つの種類があり、波の進行方向に回るスピンを「フォワードスピン」、波と逆方向に回るスピンを「リバーススピン」と呼びます。

チューブライディング

波が強く巻き上がって筒のようになった状態をチューブといいますが、その中を滑り抜けるテクニックです。腹ばいでプレイするボディボードは、サーフィンより簡単にチューブを抜けることができますが、波の状態を読む力が必要です。

エルロロ

波がボディボードを投げ出したタイミングで、ボディボードとともに体を縦方向に回転させる技。波の力を利用して、高い位置で行います。見た目が華やかなので人気がある技です。

エアリアル

エルロロと同じく、波に投げ出された時に行う技です。空中でボディボードを横に回転させます。飛ぶ前のスピードが大切になります。こちらも決まると目立つ花形の技です。

ARS(エアリアルロールスピン)

ボディボードのテクニックの中で最高難度といわれる技。エルロロ1回転の中にスピンの横回転を入れます。プロでも波の条件によっては成功が難しい技です。

技の決まり具合が違う?ボディボードのボードの選び方

ボディボードで上手く波に乗れるかどうかは、ボードの選び方によっても大きく変わります。長さや形など、自分に合うボードを選ぶことで、なかなかできなかったテクニックを簡単にクリアできるようになることもあるので、ボディボード選びはぜひ慎重に行ってください。

ボディボードの長さ

ボディボードの長さは、ボードの上で腹ばいになり、ボードの上部両端を両手でつかんで上体を起こした状態のる基本姿勢を取った時に、ボードの端が足のつけ根にくる状態がジャストサイズです。ボードの端を地面に着けて、自分のへその高さにくる長さを選ぶよう指導されることもありますが、この方法では個人の足の長さが考慮されないので、適切なサイズを選べないことがあります。
ショップでボディボードの上に腹ばいにさせてもらって選ぶのが一番間違いありませんが、できない場合はできるだけボディボードに詳しい店員に相談して選びましょう。ボディボードの経験がある知人に付き添ってもらうのもおすすめです。

ボディボードの幅

ボディボードの幅は、腹ばいになって基本姿勢を取った時に、ひじの部分より1,2cm外側にボードの側面がくるサイズがいいでしょう。先端は、両側の角に中指と薬指の間がくる位置がベストです。

ボディボードの厚み

ボディボードの厚みは、浮力に影響を与えます。しかし、あなたの体重が標準的な体重から大きく外れるほどでなければ、標準的な厚みのものを選べば問題はないでしょう。ときどきセール品などで極端に厚い、または薄い、規格外のボードが売っていることがあるので、それだけは注意してください。
また、ボディボードを始めてからどうしても上達しない時、厚みを変えるといきなり上手くいくこともあるので、ある程度ボディボードに慣れてきたら、微妙な厚さの違いにこだわってみるのもいいでしょう。

ボディボードの値段の違いはどこからくるの?

素材が同じで形が似ている2つのボディボードの値段が5~10倍も違うことがありますが、値段の違いは素材の密度にあります。高価なボディボードは素材の密度が高いので丈夫、一方の安価なボディボードは中身がスカスカなので割れやすく、数回の使用で壊れる可能性が高いボードというわけです。

ボディボードはどこで体験できる?

ボディボードは全国各地で行われています。ビーチの近くのボディボード専門店やスポーツスクールなどで、初心者向けの体験スクールを開いているところもあるので、近くの教室にぜひ足を運んでみてください。初心者向けの教室なら、ボードやフィンなどの必要な用具を貸し出ししてくれることが多いので、気軽に申し込めます。

体験スクールには、小学生から60代の方まで、いろいろな年代の人が参加しています。1人で参加する人も多いので、どんな様子なのか気になる人は、近くのスクールに問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

ボディボードは、性別や年代・身体能力などを気にせず、誰でも気軽に取り組めるマリンスポーツです。ボディボードで波との一体感を味わえば、やみつきになること間違いなし。まずは用具レンタルつきの体験スクールから、気軽な気持ちで始めてみましょう!

関連記事