ウォーキング以上ラン未満で丁度いい!ノルディックウォーキングが人気


近頃、公園などで2本のポールを持ってウォーキングしている人を見かけたことはとありませんか?中高年層の運動の一種と思いきや、最近はエクササイズやフィットネスの一つとして若い年齢層にも人気が広まってきているのが、この「ノルディックウォーキング」。どのようなスポーツなのかご紹介します。

フィンランド発祥のスポーツ、ノルディックウォーキングとは?

「ノルディックウォーキング」の始まり は、”ノルディック(=北欧の)”という言葉通り、もともとはフィンランドのクロスカントリースキーの選手たちが、夏の間の体力維持・強化トレーニングとして行なっていた「スキーウォーク」でした。

その後の研究で高い身体的効果を生むことが実証され、ポールを使って歩行運動を行うエクササイズとして、1997年に「ノルディックウォーキング」という言葉が国際的に定義されます。

そして選手以外の一般の人々向けに発表されると、誰でも簡単に覚えられる手軽さと、5分~10分で運動効果を感じられる、”最も運動効果の高いスポーツ”として、フィンランドでは瞬く間にポピュラーになり、まもなくドイツ、オーストリアなどヨーロッパを中心に普及していきました。

 

若い世代に新しいエクササイズ&フィットネスとして浸透

季節を問わず一年中いつでもでき、年齢や性別、運動能力の有無に関わらず参加できるユニバーサルスポーツとして、急速に世界中に広がりを見せ、現在は40カ国以上で 楽しまれるスポーツに成長。

両手にポールを持つことで、歩行時に3点支持、4足歩行となり、体感的には楽に感じるというのも人気の要因となっているようです。また、最近では、若い年齢層を中心にエクササイズやフィットネスとして捉える動きが加速しています。

基本的には場所を選ばずどこでも楽しめますが、緑に囲まれた広い公園やハイキングコースなど、美しい大自然の中を2本のポールを使って歩く ことで、”開放感・癒し”を得られ、リラクゼーション効果に繋がることも大きな魅力です。

 

ノルディックウォーキングの特長と運動効果とは?

では、身体にはどのような効果や利点があるのでしょうか。最大の特長は、身体全体の90%の筋肉 を動かすとも言われる全身運動であるということです。下半身だけではなく、上半身もしっかり動かしてウォーキングするので、普通のウォーキングよりエネルギー消費量が約20%も 増加すると言われています。

また、ポールを使うことで腰や膝、足首など下半身にかかる負担が少ないので、長い距離の歩行が可能。脂肪を効率よく燃焼させる有酸素運動なので、ダイエットなどにも効果的とされています。

 

姿勢矯正でボディリメイクを

さらに、上半身の筋肉を活動させるとともに適正な長さのポールを持つことにより背筋が伸び、自然と歩幅が広がるので理想的なウォーキングフォームを身につけられます。

そして、この広い歩幅に合わせるように脚と反対の腕を大きく動かし、上半身と下半身の筋肉をひねるような回旋運動になるため必然的に体幹部のねじれが生じ、ウエストの引き締め効果も期待できます。

また、肩甲骨からしっかり腕を動かすので首や肩の筋肉への血行が盛んになり、肩こり解消や腰痛予防にも繋がるエクササイズ と言われ注目を浴びています。

これらの特長をまとめると、ポールを使うことで① 普段あまり動かさない肩甲骨周辺などの”上半身の筋肉が刺激”され、② 背筋が伸び、歩幅が広がることで、より”下半身の筋肉も活発”になり、③ 体のねじれが加わることで”シェイプアップ効果”も望める万能な全身運動なのです。

 

正しいポール選びで正しいウォーキングを

実際に「ノルディックウォーキング」を始めるにあたり、しっかりとした効果を得るためには正しいポール選びが重要です。

一般的にポールの長さの目安は、「身長×0.68ないし0.65」 と言われています。初めてポールを買うときは、伸縮可能なものにするのがベスト。初心者のうちは少し短めにして、慣れてきたら長めにして使用すると運動強度も上がります。

また、ポールを握りグッと体を押し出したり、後ろ側の手をグリップから離したりといった動作をするためストラップが付いてます。地面に付く部分には、アスファルトなど硬い部分を歩くための「アスファルトパット(ラバーチップ)」が付いていますが、芝生や柔らかい所を歩く場合は、取り外して使用することも可能です。

 

やはり見た目も大事!ノルディックウォーキングファッションとは?

「ノルディックウォーキング」には特に専用のウエアはなく 、ウォーキングに適した動きやすい服装であれば何でもOK。トレッキングファッション風、ジョギングファッション風など、その日の歩く場所や気分に合わせてコーディネートするのも楽しみのひとつ!外を歩くスポーツなので、快適に続けられるよう紫外線対策などは必須です。

ウエア

上着は化学繊維の速乾素材のものがおすすめ。インナーは登山などと同様に汗を吸い込んで乾きにくい綿は避け、通気性があり吸湿性に優れたウール素材も良いでしょう。また足の疲れを軽減してくれるスポーツタイツなどを着用すると、より快適にウォーキングが楽しめます。

シューズ

通常より歩幅が広がるので、かかとに厚みがあるクッション性が高いウォーキング・ランニングシューズがおすすめです。

バッグ

正しく美しい姿勢と歩き方を重視するため、その動きを損なわないようなリュックやウエストバックにしましょう。最低限の必需品やお水を持ち歩けるものがベターです。

紫外線対策

夏場は特に紫外線をガードする大きめのつばの帽子はマスト。グローブ、アームカバーなどがあるとより万全です。いずれもスポーツ用で汗の吸収・速乾・UVカット効果に対応しているものを選びましょう。

 

まとめ

「ノルディックウォーキング」は歩きなれた道ももちろん良いですが、初めての場所で景色や空気を堪能しながら歩くのも楽しいので、旅などとの相性もぴったりです。何歳まででも続けられる生涯スポーツとして、ぜひこの機会に挑戦してみては?

関連記事