◯◯と△△を組み合わせた新感覚スポーツ?! 想像の斜め上を行くファンスポーツが今アツい!


スポーツの秋、到来! 長年やっているスポーツに励んだり、定番スポーツに新たに取り組んでみたりするのもいいですが、今までにない新感覚のスポーツに挑戦してみるのはいかがですか?勝敗の付くゲーム性があり、何より遊び心満載で、子どもから大人まで誰でも楽しめます。ほとんどが、馴染みのあるスポーツを掛け合わせたものなので、未経験の人でも簡単に始められますよ。

 

人気の鍵はそのユニークさ!

新感覚スポーツのキーワードは ○○ × △△ 。2つのスポーツの融合(掛け合わせ)、またはスポーツ×普段スポーツでは使わないアイテムが掛け合わさり、新たな競技として生まれているのが特徴です。また、体育の授業などでは習えないユニークさも魅力で、スポーツをより“楽しむ”ことに重点を置いた競技とも言えます。

テレビ番組などで目にしたことがある人も多いと思われる「バブルサッカー」は、新感覚スポーツの代表例。ノルウェーで生まれたこのスポーツは、「BUMPER」と呼ばれる大きな“バブルボール”を身に付けて、お互い押し合いながらフットサルのように5 vs 5で試合をします。自分もボールのように転がるなどコミカルな要素がたっぷり、技術の有無に関わらず「皆で楽しめるサッカー」として広がっているスポーツです。

現在、ヨーロッパやアジアを中心に人気が広がり、2014年には日本でも初開催されるなど、注目度もアップ。 基本的にはフットサルと同じルールを採用していますが、一部「バブルサッカー」特有のユニークなルールもあり、男女問わず大人から子どもまで楽しめる競技となっています。

 

HOTな「アーチェリーハント」に注目!

そして今、話題なのがアーチェリー×サバイバルゲームの「アーチェリーハント」。2チームに分かれて矢を打ち合う、弓矢を使ったサバイバルゲームです。オーストラリア発祥のこのスポーツは欧米を中心に人気を博し、2016年いよいよ日本に上陸。新しいアクティビティ好きの人を中心に、早くも人気となっています。そのルール をまとめると、

① 1組5~10名のチームを作る。
② スタートの合図で中央に置いてある弓を取り合う。
③ 飛んでくる矢を避けながら相手に向かってショット。落ちている矢は拾ってOK。
④ 矢が当たったらアウト。コートの外へ。
⑤ 弓を空中でキャッチ、もしくは中央の的を射抜くと味方が復活。
⑥ ゲーム終了時に残っている人数が多いチームの勝利。(1ゲーム5~10分程度)

となり、ドッジボールの要素もやや含まれたスポーツとも言えます。矢は当たっても痛くないよう、先端がスポンジ状の柔らかい素材でできている上に、ゲーム時は顔を守るためにマスク着用するので、安心して遊べます。両腕を使って弓を弾いたり、落ちている矢を拾うためにしゃがんだり、飛んでくる矢を避けるため伏せたりと運動量もあって、スポーツとしても楽しめます。

 

まだまだあった!新感覚スポーツ

幅広い年齢層が楽しめる新感覚スポーツは、ほかにも数多く誕生しています。それぞれ、イベントや体験会を開催していることもあるので、参加してみてはいかが?

ビリッカー

フランスで生まれたビリヤード×サッカーの新感覚スポーツです。現地では「スヌークボール(Snook Ball)」と呼ばれ、ゲームのルールはビリヤードと同じ。ビリヤード台をそのまま大きくしたようなものが競技場となり、球は小型のサッカーボール15個+手球1個が1組で、それぞれにビリヤードの球と同じデザインが施されています。プレイヤーはキューで手球を撞く代わりに、 足で蹴ったり頭で手玉をヘディングしたりしてゴール(手球が穴に入ること)を狙います。ビリヤードと同様に、ナインボールやエイトボールで勝負。

チャンバラ合戦 -戦IKUSA-

スポンジ製の「刀」で相手の腕につけたボール状の「命」を落とす体験型エンターテイメント。2つのチームに分かれ、敵軍を全滅させるか時間内に多く倒したチームが勝利となる一番オーソドックスな「チーム戦」や、敵軍の大将の命を落としたら勝ちとなる「大将戦」、全員が敵となり戦い、個人No1を決める「バトルロイヤル」など遊び方も様々です。年齢、性別、国籍を問わず、必要 なものは「刀」と「命」、そして誰もが心に持つ“武士道”のみ。それさえあればどんな場所でも「戦場」になります。グラウンドを始め、浜辺やお寺、森の中など、広いスペースさえあれば楽しめるスポーツです。

ピンポンエキスポ

ダイニングテーブルやオフィスの机、子どもの勉強机、中華の回転テーブルなど、日常で見かけるテーブルが卓球台となり、球を打ち合う新感覚のバラエティ卓球です。卓球未経験者でも気軽に楽しむことができ、ラケットもスリッパやフライパンなど、参加者の持ち込みもOK。普段なら叱られてしまうだろうあろう遊びを、堂々とトライできる喜びが魅力です。時間を忘れて夢中になること間違いなし!

フットダーツ

イギリス生まれのサッカー×ダーツの新感覚スポーツ。基本的なルールはダーツと同じですが、高さ4mのビニール製の巨大エアーダーツボードに「ベルクロボール」と呼ばれるマジックテープで覆われたボールを約7m離れた場所から蹴って的に当て、得点を競います。ただ蹴るだけなので、子どもや女性も気軽にチャレンジできるほか、海外では音楽フェスなどのイベントで採用されていることが多く、インドアでもアウトドアでも楽しめる新しいファンスポーツです。

 

まとめ

新感覚スポーツならみんなが初心者で楽しめて盛り上がるので、社員同士の交流などにもおすすめ。見た目もインパクトがあってフォトジェニックなので、今流行りの“インスタ映え”しそうなのも注目ポイントです。気になる人は、近年のファンスポーツの紹介や、スポーツコンシェルジュとしてスポーツに関する企画や運営など依頼可能なプラットフォームサービス「PLAY+.(プレイタス)」のサイトをチェックしてくださいね!

関連記事