乗って、旅して、愛でて楽しむ!スポーツサイクルで世界を広げよう


通勤や休日の外出などで、日常的に自転車を利用している人も多いですよね。通常はシティサイクル、いわゆる“ママチャリ”と呼ばれる自転車を実用車として使っていると思いますが、その対極の存在とも言えるのが「スポーツサイクル」。アウトドアレジャーとして楽しむサイクリング用から本格的な競技用まで、使用目的に適した様々なタイプの自転車があります。自分に合った「スポーツサイクル」を見つけて、新たな”自転車ライフ”を始めてみてはいかが?

 

スポーツサイクルの特徴とは?

「スポーツサイクル」は目的やシーンに合わせてジャンル分けされていて、それぞれの車種に適した用途があります。どんなロケーションで自転車を走らせたいかによって選ぶ車種も変わってくるので、まずは代表的な「スポーツサイクル」のそれぞれの特徴を把握しましょう。

ロードバイク

世界最大の自転車レース「ツールド・フランス」などのレースシーンで使用される、 舗装路を主とした道路での走りを追及した自転車。軽量でスピード効率に優れているので、舗装路での「高速走行・長時間走行・長距離走行」に適しています。高速で走りやすいよう、摩擦抵抗を減らすためにタイヤが細くなっています。また、空気抵抗が少ない前傾姿勢を保つためのドロップハンドルという下向きに曲がったハンドルも特徴的です。

ドロップハンドルはいろんな部分を持つことができるので、乗車中もこまめに姿勢を変えることができ、筋疲労が局部的に溜まらず、肩や腰、首、腕などの疲労の蓄積も抑制できるため、長時間・長時間走行が可能に。長距離サイクリングをメインとしたい人におすすめです。

クロスバイク

ロードバイクとマウンテンバイクのちょうど中間のようなタイプの自転車。適度な前傾姿勢を取り、握りやすいフラットハンドルが多く、操作性も高く安定した走行ができるので、乗り心地の良さも抜群です。ロードバイクはタイヤが細く、スピードに特化しているため、段差が多く、低速で走らないといけない街乗りにはあまり向きませんが、クロスバイクなら街乗りから長距離サイクリングまで、様々なシーンに対応できます。

また、モデルにもよりますが、ロードバイクやマウンテンバイクよりも比較的安価なのも魅力。通勤などの日常使いのほか、軽めのエクササイズとしても利用ができ、「スポーツサイクル」の中で最も気軽に始められます。

マウンテンバイク

山や丘、荒れた林道などの未舗装路を走る際に、最も性能を発揮する自転車。太くて溝が深くしっかりグリップするタイヤをはじめ、路面からの衝撃を吸収してくれるサスペンション、小さい力で強い制動力が発生するディスクブレーキなど、悪路を走り抜けるために必要なパーツが搭載されています。

主にオフロード競技などで利用されるイメージのあるマウンテンバイクですが、街乗り用として利用する人も。タイヤが太く安定性があり、街中の多少の段差も気にせず走れる上、パンクが少なく耐久性にも優れているので普段使いしやすいというのがその理由のようです。タイヤ、ブレーキ、サスペンションのカスタムの仕方次第で様々な用途で楽しめ、初心者でも十分乗りこなせます。

ランドナー

フランス発祥のツーリング用自転車。比較的太めのタイヤを装備し、舗装路から砂利道程度のオフロードまで幅広いフィールドを快適に走行できます。長距離サイクリングや自転車による旅行を目的に作られているため、荷物積載量が多く、自転車日本一周・世界一周などの“超長距離自転車旅行”に特化したモデルなどもあります。自転車旅行などを行いたい人におすすめです。

ミニベロ

フランス語で「小さい(MINI)自転車(VELO)」を意味する、近ごろ人気の自転車。一般的に20インチ以下のタイヤの小さな自転車を指していて、日本では小径車とも呼ばれていますが、こちらにもスポーツタイプのものがあります。盗難予防のため、部屋に自転車を置きたい方にもおすすめ。性能以外にもデザイン性を重視しているモデルが多く、見た目にもオシャレなのが特徴です。

タイヤが小さいためハンドリングしやすく、車高も低いため、安心して乗ることが可能。小回りがきくので、混雑した街中や短距離走行が多い人に向いています。

 

ただ乗るだけじゃない!いろんな楽しみ方をしよう!!

通勤や買い物など、日常使いをするのもいいですが、やはり「スポーツサイクル」で非日常生活を楽しむのが、“自転車ライフ”の醍醐味です。

~乗って楽しむ~
自分の好きな時間に好きな場所へ単独で行くサイクリングも良いですが、慣れてきたら同じ趣味を共有する人とグループライドをして楽しんだり、山や丘陵を上る自転車競技「ヒルクライム」などのレースに参加するためのスポーツギアとして利用したり、幅広い楽しみ方ができます。

~旅して楽しむ~
観光地では、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのレンタサイクルを行う所も多数あります。旅行に出かけた際はこれらをレンタルして、観光名所をのんびり巡りながらご当地グルメを味わう「ポタリング」がおすすめ。また、自転車を分解して専用の袋に入れ、公共交通機関に乗せて移動する「輪行」は、旅先で自分の乗り慣れた自転車を走らせることができ、自転車と一緒に旅する楽しさを満喫できます。

~愛でて楽しむ~
いろいろカスタマイズできるのが、「スポーツサイクル」の魅力の一つ。素材やパーツ、色なども豊富で、自分好みにカスタムして“モノ”として目でも楽しめる自転車にすることも。リビングなどに飾って観賞するのも「スポーツサイクル」ならではの楽しみ方かもしれません。

 

まとめ

乗り慣れた“ママチャリ”ももちろんいいですが、一度乗るとハマるのが「スポーツサイクル」。やや高価な買い物になるため、すぐに購入を決断できない人も、まずは観光地のレンタサイクルでクロスバイクを借りてみたり、サイクルショップのイベントに参加したりして、その乗り心地を試してみては?

関連記事