まるで床の上のカーリング!「ボッチャ」の魅力


みなさんは「ボッチャ」というスポーツをご存知ですか?名前を聞いてピンとこない方も、スポーツ番組などで、車いすに乗った選手が赤や青のボールを投げて戦っているニュース映像を見たことがあるかもしれません。ボッチャとは、コート上にある白いジャックボール(目標球)に、赤・青それぞれ6球ずつのボールをどれだけ近づけることができるかを競うスポーツです。パラリンピック競技の正式種目としても注目を集める、ボッチャのルールや見どころをご紹介します。

ルールはとてもシンプル。場所を選ばず、誰でも楽しめる!

ボッチャは、ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者もしくは同程度の四肢重度機能障がい者のために考案されたスポーツ。1984年からパラリンピック競技の正式種目として行われています。近ごろは、障がいの有無や、老若男女問わず一緒に楽しめるスポーツとして注目を集めています。

競技では、白いジャックボール1球、赤・青のボールを6球ずつ使用します。ボールを投げるのは上から下からどちらでもOK。また、ボールを投げられない選手は足でボールを蹴っても良いですし、「ランプ」と呼ばれるすべり台のような勾配がついた器具を使い、ボールを転がして投球してもOK。ランプの長さを継ぎ足して高さを調整し、ボールの転がるスピードや距離をコントロールすることができます。

また、ランプでボールを転がす際に手でボールをおさえておくのが難しい場合は、「リリーサー(ヘッドポインター)」と呼ばれるアーム状の金具を頭部に装着して、ボールを押さえることも可能です。

知っておくとさらに楽しめる!ボッチャの試合ルール

対戦は個人(1人)、ペア(2人)、チーム(3人)の3つに分かれており、全て12.5m×6mのコートで行われます。個人戦ではボックス③(赤)④(青)、ペア戦ではボックス②~⑤(②④が赤、③⑤が青)、チーム戦ではボックス①~⑥(①③⑤が赤、②④⑥が青)を使います。

Aチーム(赤)が先攻、Bチーム(青)が後攻である場合、まずはAチームが的(まと)となる白いジャックボールを投げ、続けて自分の赤いボールを投げます。そして、後攻のBチームが青いボールを投げます。そこで赤・青ボールそれぞれの位置を測り、ジャックボールから遠い位置にあるボールを投げたチームの選手が次の投球を行います。

両チームがそれぞれ6球投げた段階で、ジャックボールへ一番近いボールを投げたチームにのみ点数が入ります。対戦相手のジャックボールに一番近いボールより、ジャックボールへ近い1球につき1点が加算されます。例えば、Aチーム(赤)が一番近いボールを投げた場合、白ボールから一番近い青ボールより「白ボールへ近い赤ボールの数」が点数になるのです。

この一通りの試合を1エンドとカウントし、個人・ペアは4エンド、チームは6エンド戦います。

戦術性の高さにハマる!ボッチャのココが面白い

「床の上のカーリング」とも例えられるボッチャ。ですが、カーリングが氷上の的となる円の中心(ハウス)に一番近い位置を確保するために戦うスポーツであるのと比べ、ボッチャはジャックボールに一番近い位置を確保するために戦います。つまり、的の位置は選手の投球によって自由に決めることができるのです。

相手の苦手なエリアへジャックボールを投げることで、自らは有利に試合を進められます。また苦手なエリアに置かれてしまった場合は、ジャックボールをコート外へはじき出せばコートの中心にジャックボールが戻されますので、不利な流れをリセットすることも可能です。

見た目に激しい運動はありません。ですが、相手のコースを邪魔したり、ボードゲームのように数手先を読む展開を繰り広げたりと、知的な戦略とそれを実践するためのスキル・集中力が求められるスポーツです。

ジャックボールにピタッと寄せることができたときの爽快感、相手のボールを弾きだそうと狙うときの緊張感etc. きっと誰もが夢中になれるでしょう。また、日本におけるボッチャの競技レベルは高く、極めることで世界を舞台に戦える可能性も十分にあります。

総勢80人もの社員が大盛り上がり!ボッチャ体験イベントを開催しました

 ボッチャは専用のボールさえあれば、体育館だけでなく会議室や和室など、どこでもプレーが可能です。そこで2017年8月、パソナは東京の本部ビル1階にあるコミュニティスペース「TRAVEL HUB MIX」にてボッチャ体験イベントを開催。初心者ばかりでしたが、白熱した試合が展開!総勢80人もの社員が老若男女、縦横の垣根を超えて盛り上がりました。

 

まとめ

2020年が近づき、更に注目度が高まっているボッチャ。大会や講習会も各地で行われているので、観戦してみたい方は「一般社団法人 日本ボッチャ協会」のWebサイトをチェックしてみてくださいね。

関連記事