トリプルアクセル・ルッツetc.フィギュアスケート用語の意味を知ろう!


ウィンタースポーツの花形競技「フィギュアスケート」。バレエのような芸術性を持ちながら、力強いジャンプや激しいステップ、スピンなど競技性も兼ね備えた、”アート×スポーツ”のような競技です。そんな「フィギュアスケート」をより深く理解できるよう、今回はよく聞く専門用語を解説。これからのスポーツ観戦に役立つはずです!

 

よく使われる用語解説 1 ~ジャンプ編~

技術要素の中でも成功・失敗の判断が容易なジャンプは主に6種類。その結果は採点に大きく反映されます。早速、難易度が高いジャンプから順にご紹介しましょう。※下記すべて右利きの選手の場合で解説。

アクセル

難易度が最も高く、最大の特徴は”前向きで踏み切る”こと。6種類の中で、唯一前向きのまま踏み切るジャンプなので、比較的見分けやすいでしょう。前向きに踏み切って後ろ向きで着氷するため、アクセルは他のジャンプより半回転多く回ることになるのです。通常、「ダブル」=2回転、「トリプル」=3回転、「クワドラプル」=4回転を指しますが、テレビ中継などで聞く「トリプルアクセル成功!」というのは、実際には「3回転半」が成功したことになります。

ルッツ

左足の外側エッジ(刃先)に乗って後ろ向きに滑り、右のトウ(つま先)でジャンプします。“左足を外側に傾ける”のが重要なポイントで、左足内側エッジに体重がかかっていると減点対象に。滑走で描いた軌跡と逆回転で踏み切るため難易度が高く、アクセルに続く2番目に難しいとされるジャンプです。

フリップ

ルッツと同じく左足で後ろ向きに滑り、ジャンプする直前に左足内側にエッジを傾けて、右のトウで踏み切ります。ルッツとの違いは”左足内側エッジに体重を乗せる”ことのみなので、なかなか見分けがつきにくいジャンプです。個人差はありますが、少し長めに後ろ向きのまま滑ってから跳ぶことが多いのがルッツで、前向きに滑走して踏み切る直前にクルっと後ろ向きになって跳ぶことが多いのがフリップと言われているので、ジャンプ前の滑走の向きを見逃さないようにしてくださいね。

ループ

右足で後ろ向きに滑りながら、左足を少し前に出して、滑ってきた勢いを利用してそのまま右足のみでジャンプします。踏み切る直前に”空気イスに座るようなポーズ”になるため、見分けるのは簡単でしょう。

サルコウ

左足内側のエッジで後ろ向きに滑りながら、右足を前上方に振り上げてそのまま左足でジャンプします。踏み切る瞬間にやや”足がハの字型(内股)”になるのがポイント。

トウループ

試合で最も見ることが多いジャンプ。右足で後ろ向きに滑りながら、左足のトウでジャンプします。ループと同じく、滑ってきた勢いを利用しながら反対の足のトウを突いて跳ぶので、高さも出やすく一番簡単なジャンプとされています。

【ジャンプ早見表】

種類 向き 滑ってくる足 踏み切る足
アクセル 左(エッジ)
ルッツ 右(トウ)
フリップ 右(トウ)
ループ 右(エッジ)
サルコウ 左(エッジ)
トウループ 左(トウ)

【踏み切る足】

エッジ(刃先)

トウ(つま先)

 

よく使われる用語解説 2 ~スピン編~

スピンの基本姿勢は大きく分けて3種類。「アップライト」「シット」「キャメル」の3つに、「アップライト」を応用した「レイバック」を加えた4つの姿勢が、試合でのスピン要素として分類されています。

アップライトスピン

上体と軸足が真っすぐで、直立した姿勢のまま行うスピン。すべてのスピンの基本形。

シットスピン

軸になる片足を曲げ、しゃがんだ状態のまま回るスピン。フリーレッグ(軸足でない足)を前にまっすぐ伸ばし、しゃがんだお尻の下の位置が膝よりも低くなるよう上半身を前へ傾けます。

キャメルスピン

軸となる片足は伸ばし、上半身を氷と平行になるまで傾け“Tの字”で回るスピン。このキャメルスピンの姿勢から体を反らし、手でもう片方の足(フリーレッグ)を掴んで後頭部に引き寄せながら行うスピンが、よく見かける「ドーナツスピン」です。

レイバックスピン

アップライトスピンの姿勢で、上体を後ろに反らしたまま行うスピン。アップライトスピンの一種ですが、採点上は別の技術要素として扱われます。この姿勢から、両手あるいは片手でもう片方の脚(フリーレッグ)のブレード(刃の部分)を持ち、背後から頭上に持ち上げた形の「ビールマンスピン」が有名です。

 

よく使われる用語解説 3 ~ステップ&技術用語編~

ダンスのように細かなターンやステップは、ジャンプやスピンに続く重要な評価ポイント。単体では得点になりませんが、ジャンプやスピンの前に加えたり、素早くつなぎに使ったりすることで、評価につながります。

ステップシークエンス

ターンなども組み合わせながら、エッジ(刃先)を巧みに使った複雑なステップを連続して行うこと。氷上に図形を描きながらステップを踏むステップシークエンスは、採点要素のひとつにもなっています。

イナ・バウアー

片足は前に出して曲げ、もう一方の足は伸ばしたまま後ろに引き、横方向に滑る技。背中を大きく反らせるバリエーションは柔軟性が必要で、難易度もアップします。

イーグル

両足のつま先を外側に向けて180度に開いた状態で滑る技。ピンと直立した姿勢を保つのが美しいとされているため、腰が曲がったりお尻が突き出たりしていると減点対象になります。

~番外編~競技以外でよく聞く用語、知らなかった!という方も多いのでは?

キス・アンド・クライ

競技終了後、選手とコーチが採点結果の発表を待つために設置された場所。選手とコーチが、良い点数が出れば祝福のキスをしたり、悪い点数の時には失意の涙を流したりするので、その名前が付けられたと言われています。

 

 

まとめ

これらの専門用語を知っていると、よりフィギュア観戦が楽しめますよ。気になったらこの用語集をぜひチェックしてくださいね!

関連記事