大人が本気で鬼ごっこ!新スポーツ「チェイスタグ」に注目


鬼ごっこといえば、誰もが幼い頃に経験したことのある遊びですよね。ところが、最近鬼ごっこがエキサイティングな大人の競技として、進化を遂げているというのです。今回は、新世代鬼ごっこ「チェイスタグ」についてご紹介します。

新世代鬼ごっこ「チェイスタグ」ってどんなスポーツ?


チェイスタグ の考案者は、イギリスに住むクリスチャン&ダミアン兄弟。彼らは、ベンチやゴミ箱などを障害物として自宅の庭に設置し、限られたエリア内で本気の鬼ごっこを楽しんでいたのだそう。兄弟は、この鬼ごっこを本格的なスポーツにしてはどうかと考え、普及活動を始めました。

チェイスタグの大きな特徴である、ハイスピードで障害物を飛び越えたり、下をくぐったりしながら鬼から逃げる様子は、超エキサイティング!それもそのはず、チェイスタグのベースとなっているのはパルクールの技術。チェイスタグの圧倒的な迫力に多くの人が熱中し、2017年には世界大会が開かれるまでになりました。ちなみに、tagを日本語に訳すと“鬼ごっこ”となります。

関連記事:「まるで忍者!街を自由に駆け抜けるパルクール

百聞は一見に如かず。ここで、ロンドンで行われたチェイスタグの世界大会の様子をのぞいてみましょう。

 

とにかくシンプル!チェイスタグのルール


チェイスタグは、基本的に鬼役の追いかける選手(チェイサー=chaser)と子役の逃げる選手(イヴェイダー=evader)が1対1で戦います。子役は制限時間の20秒間、障害物が置かれたエリア内を駆け回り、鬼役を振り切れば子役の勝ち。鬼役は、制限時間中に子役の体に触れれば勝ちとなります。その後、鬼と子を交代してポイントを競います。

チェイスタグの公式団体であるWCTが公表している4種類の試合形式がこちら。

・1チーム最大6名の構成で2チームが競い合う「TEAM CHASE OFF」
・1名のチェイサーと3名のイヴェイダーが40秒間×4ラウンドで戦う「MULTIPLAYER」
・1対1で競い、2点以上の差をつけて10点先取したほうが勝者となる「SINGLES CHASE OFF」
・ゲームは2名以上、各ラウンドで1名ずつが競い最も多くのポイントを獲得した選手が勝利する「WINNER-STAYS-ON」

鬼から逃げ切るための機敏な身体能力が必要なのはもちろんですが、頭脳プレーも重要。相手との一瞬の駆け引きや、一歩先の動きを読む能力も求められます。

 

チェイスタグはどこで体験できるの?


残念ながら、現時点(2018年現在)で日本にチェイスタグを体験できる公式施設はありません。しかしながら、日本でパルクールの普及に尽力しているMonsterpk が、クラウドファウンディングによって日本最大規模の屋内パルクールパークを作ろうと計画中のようです。パーク内には、「World Chase Tag」の公式設備を日本に初設置したチェイスタグエリアも検討されているそうなので、期待して待ちましょう!

 

大人も子どもも楽しめる「スポーツ鬼ごっこ」


鬼ごっこが進化したスポーツは、実はチェイスタグだけではありません。日本生まれの「スポーツ鬼ごっこ 」という競技をご存知でしょうか。

チェイスタグが1対1の戦いであるのに対し、スポーツ鬼ごっこは7人制の2チームに分かれ、エリア内に設置された宝(トレジャー)の獲得数を競います。2010年に一般社団法人鬼ごっこ協会によって公式ルールが定められ、2012年以降は毎年11月頃に、東京で全国大会が開催されています。チェイスタグにも通ずる攻守の駆け引きや、チームワークが求められる面白さが人気を呼び、現在の競技人口はおよそ約51万人といわれています(2017年時点)。

スポーツ鬼ごっこ公式ルール

1.制限時間(5分)内に宝(トレジャー)を多く獲得したチームが勝ち
2.自分のチームの宝を守りながら、相手チームの宝を取りに行く
3.タッチするときは、必ず両手でタッチする
4.自陣の宝を囲んでいるサークルエリア(Tサークル)に、守りの選手は入ってはならない
5.センターラインを越えて敵陣に入り、その中で相手にタッチされてしまったら、自陣の安全地帯(Sエリア)に戻って再スタート
6.敵陣の安全地帯に入ると相手からタッチされない
7.タッチするときには、押す、叩くなどの行為はNG

 

まとめ

動画を見ているだけでワクワクして、思わず圧倒されるチェイスタグ。まだ日本では馴染みがないスポーツですが、世界大会が開催され、メディアで取り上げられる機会も増えていることから、近いうちにメジャースポーツへと急成長するかもしれません。今後みなさんも、ぜひチェックしてくださいね!