動く瞑想!? リラックス効果も期待できる「太極拳」を始めてみませんか?


今、ビジネスパーソンの間で話題となっているのが、心のエクササイズ「マインドフルネス=瞑想」。スポーツをしながらこの瞑想の効果も得られる「太極拳」は、時間に追われる日々から離れ、気持ちが落ち着く、ストレス解消になる…と、心と身体のリラックス効果を求める人々の間で人気が広まっています。今回はそんな「太極拳」の基礎知識や、実際にどのような動き(ポーズ)があるのかをご紹介します。

 

「太極拳」とは?


「太極拳」は中国武術の一つ。東洋哲学の太極思想などを取り入れた拳術として編み出され、300年以上の歴史があると言われています。

中国では現在、「太極拳」の主な伝統流派として5種類あります。最初は最も歴史の古い陳式のみが「太極拳」でしたが、陳式太極拳の創始者・陳王廷の多くの弟子たちが改良し、派生。今日では陳式、楊式、呉式、孫式、武式太極拳が主流となっています。

これら、武術として継承されてきた「太極拳」が『伝統拳』と呼ばれるのに対して、競技・表演用に整理された「太極拳」や健康体操として簡易化された「太極拳」などを『制定拳』と呼びます。この『制定拳』は、習得が容易ではなく、万人向けと言えるものではなかったそれまでの「太極拳」を、楊式太極拳をベースに24の型にまとめて簡略化。1956年、中国国家体育運動委員会が「簡化24式太極拳」として制定したのが始まりです。その後、健康体操として国民に推奨されたことで中国全土に広まり定着。現在では世界中に広く普及しています。

 

「太極拳」を始めるメリット


「太極拳」と聞くと、日本では特にご年配の方が公園や広場などでゆったりと動いているのみのイメージがあるかもしれませんが、実は、様々な効果を得られる非常に優れた運動療法の1つです。始めるにあたってどんなメリットがあるか見てみましょう。
※ここでは武術として継承された『伝統拳』ではなく、健康法として一般的に広まった『制定拳』に特化した内容を説明していきます。

動きながらにして瞑想効果

ゆっくりとした動作を行う中で、“身体の動き”と“心の動き”をしっかり意識でき、瞑想のような心身集中の感覚を得られます。心身とともに脳もリフレッシュ。

社会生活でも集中力アップ

ゆっくりと自分の肉体を意識しながらコントロールして動かすことは、想像以上に集中力を要します。鍛錬を重ねることで、ビジネス面などでの集中力アップにも効果的。

リラックス効果が得られる

ストレスや悩み事などで緊張状態が続くと、自律神経系の交感神経が活発になりすぎて心身が疲弊します。「太極拳」のゆっくりとした動作と深い呼吸は、この交感神経を休ませ、緊張を緩和する副交感神経を優位にする働きを持っているため、全身の緊張状態が解かれ心身をリラックスさせる効果があります。

筋力がアップする

ゆったりと大きく身体を動かすため、バランス機能の向上や、足腰を中心とした筋力の強化が期待できます。 また、全身を「気」を出しやすい状態にする「抜筋骨」と呼ばれるストレッチでは、背中の筋を伸ばしたり、各部位の関節をゆるめたりと、凝り固まった身体をほぐす効果も。

生涯スポーツとして取り組める

必要な型を習得すれば、一人でいつ、どこでもでき、道具も使わないので、時間や場所を気にせずすぐに始められます。また、性別や年齢、体力などに関係なく誰でもマイペースに続けられ、身体への負担が少ないので生涯スポーツとしても最適です。

健康法として肉体面はもちろん、精神面でのメリットが期待できるのが「太極拳」の魅力ともいえるでしょう。

 

どんな動作があるの?


一般的に広がっている「簡化24式太極拳」には、“三型五法”と呼ばれる動きの要素があり、「型」は姿勢、「法」は動作を表します。「三型」とは、身型・手型・歩型、「五法」とは、身法・手法・歩法・腿法・眼法のことを言います。ここでは動きの基礎となる「三型」の代表的な姿勢をご紹介。

身型

各動作の最終体形の姿勢。顎を引いて真っ直ぐに立つのが基本です。気を丹田(へその下の辺の所)に溜めます。頭は上から引っ張られている感じで真っ直ぐにし、首もあわせて上に伸ばします。ただし、胸を張って気をつけのような緊張した姿勢ではなく、腰、胯、膝は軽くゆるませます。気や意識などを“内側からコントロール”することがポイント。

手型

五指を軽く開いて、わずかに緩めて曲げ、掌心(掌の中央)は窪ませて丸みをもたせます。この時、虎口(親指と人差し指の間)は孤形を保つようにしましょう。

親指以外の四指を曲げて握り、親指は人差し指&中指を押さえるように。強く握り過ぎないのがポイント。

鉤手

五指を自然に伸ばし、指先で何かをつまむように揃えます。手首は曲げて、指先が下向きになるようにします。

歩型

弓歩(ゴンブー)

前足裏を全面着地させ、膝を曲げます。この時、膝はつま先より前に出てはいけません。もう一方の足は後ろへ膝を自然に伸ばし、足先は斜め前方約45°に向けます。両足の幅は左右に10~20cm程度離します。最も多く用いられる歩型です。

仆歩(プーブー)

一方の足の膝を曲げてしゃがみ、膝とつま先は外に向けます。もう一方の足は横へ自然に伸ばし、地面近くに低く下げます。つま先は内側に向けて曲げ、足の裏は全面着地させます。膝を曲げた足の踵と、横へ伸ばした足のつま先を直線上で揃えるのがポイント。

虚歩(シュイブー)

一方の足の膝を少し曲げ、足の裏を全面着地。つま先は斜め前に向けておきます。もう一方の足を前に出し、膝を少し曲げつま先、あるいは踵を地面に付けます。

独立歩(ドゥリーブー)

一方の足を伸ばし自然に立ちます。もう一方の足の膝を引き上げ、つま先を自然に引き下げます。上げた脚の大腿部は水平より高く上げるようにしましょう。

まとめ

美しい姿勢への改善や新陳代謝アップ、下半身のシェイプアップなどの美容効果も期待 できるとされている「太極拳」。ぜひ一度お試しくださいね。