100km以上走るのは当たり前?! 「超ウルトラマラソン」の世界


もう、フルマラソンやウルトラマラソンでは物足りない!そのような健脚自慢たちがこぞって挑戦するのが「超ウルトラマラソン」です。100km超えは当たり前、なんとアメリカ大陸を横断する4,600kmの大会も存在するほど、常人には想像もつかない究極の「超ウルトラマラソン」の世界をのぞいてみましょう。

100kmマラソンを完走したランナーが次に目指す「超ウルトラマラソン」

マラソンにはいろいろな種類があり、42.195kmのフルマラソン、フルマラソンの半分の距離を走るハーフマラソンや、1/4の距離のクオーターマラソンなどがあります。その中でも、フルマラソンを完走したランナーが次なる目標に据えるのが、「ウルトラマラソン」です。

実は、ウルトラマラソンには既定の距離はなく、フルマラソンの42.195kmを超える距離を走るマラソンを意味しています。世界的に多くの大会が開催されている100km走が一般的ですが、24時間走や6日間続くレースなど、一定時間走り続ける大会もあります。日本でも、募集開始後すぐに定員が埋まってしまう「サロマ湖100kmウルトラマラソン」や、エントリーしてもなかなか抽選で当たらないほどの人気がある「四万十川ウルトラマラソン」などがあります。

そして、ウルトラマラソンで念願の100kmの距離を完走した後、更なる挑戦として選ぶレースこそが「超ウルトラマラソン」です。超ウルトラマラソンは、一般的に100km以上の距離を走るレース。アワイチ(淡路島一周150km)、佐渡島一周(208km)、沖縄本島一周(400km)など、タイトルに「横断」「一周」を冠するレースが多いのも特徴です。主に40~60代の参加者が多く、女性の完走者も珍しくありません。かなりの長距離レースになることから、宿泊を伴った複数日に渡る大会(ステージレース)も数多く開催されています。

 

日本で挑戦できる「超ウルトラマラソン」って?

ここで、日本で開催されている超ウルトラマラソンを、いくつかご紹介します。各地の景勝地をめぐるコースや、数年をかけてゴールを目指せる大会など、個性的な大会がたくさんありますよ。

小江戸大江戸200k(200km、230km)

埼玉県川越市(小江戸)と東京都(大江戸)の2つのエリアを舞台に、36時間以内に200kmもしくは230kmを走る大会です。全部で4つのコースがあり、距離が短い「小江戸コース91km」と「大江戸コース113km」どちらかひとつのエリアのみに参加することも可能。ちなみに、「小江戸大江戸コース200km」の部へ参加するには100km以上のウルトラマラソン完走経験が、「小江戸大江戸コース230km」の部は200km以上のウルトラマラソンを32時間以内での完走経験が必要です。

みちのく津軽ジャーニーラン(188km、263km)

青森県弘前市を発着点に、津軽の夏を思い思いに楽しみながら参加できる大会です。途中で自由に休憩を取り、宿泊することができるのが大きな特徴。ランナーたちは定められたチェックポイントを通過するたびにチェックシートに到達時刻を記入し、ゴール後に大会本部に提出します。188kmの部へ参加するには70km以上、263kmの部は140km以上のウルトラマラソン完走経験があることが参加条件です。

沖縄本島1周サバイバルラン(400km)

那覇市を起点に、にぎやかな観光地から、夜は街灯もないような北部の地域まで、沖縄本島をぐるりと周るコースを制限時間72時間のうちに走ります。街のにぎわいや沖縄の美しい自然を感じながら走る醍醐味と共に、とても過酷なレースであることも知られており、参加定員50名に対して完走者が半分以下という年も。その名が表すように、まさに過酷な「サバイバル」な大会と言えます。参加資格は、100km以上のウルトラマラソン完走経験者となります。

日本横断川の道フットレース(254km、514km)

東京都江戸川区の葛西臨海公園から新潟県の日本海までを走る大会です。荒川・千曲川・信濃川に沿ってコースが形成されており、経由地の長野県小諸市からスタートする254kmの部門もあります。254kmの部へ参加するには140km以上のウルトラマラソン完走経験が、520kmの部は200km以上のウルトラマラソン完走経験が必要です。

東海道五十七次ウルトラマラニック(600km)

東京の日本橋から大阪の高麗橋まで、2000年の歴史を有する東海道の約600kmを7回に分けて走破する大会です。ランの部とウォークの部に分かれており、いずれもウルトラマラソンの完走経験がなくても参加可能。というのも、一日に走る距離はフルマラソン程度と、さほど長くはないのです。5月から11月までの7か月間、毎月最終週の土日で開催される大会に1泊2日で参加し、1日40km前後×2日=約80kmの距離をラン(またはウォーク)。7か月に分け約80km×7回=560km超の距離を完走(完歩)するのです。超ロングコースながら、なんと大会の完走率は96.5%。中には数年をかけて達成するランナーも。マラソンへの出場経験があれば、ランの部でも無理なく完走できるマラニックです。

 

まとめ

未経験者にとっては、常識をはるかに超えるようなロングコースの超ウルトラマラソン。しかしながら、東海道五十七次ウルトラマラニックのウォーク部門では、フルマラソンへの参加はおろか、普段運動をしていなくても完歩できる人は多いのだとか。他では得がたい達成感を味わうことができる「超ウルトラマラソン」。ウルトラマラソンを完走した先の目標として、考えてみてはいかがでしょう?