サッカー観戦を楽しむために!ルールや見どころ、知っておくべきことを解説


世界中で熱戦が繰り広げられるサッカー。ルールも分りやすく、男女問わずに人気のある競技です。日本でも日韓戦など白熱した戦いが繰り広げられ、日本全国でお祭り騒ぎとなります。そんな誰もが知るサッカーの魅力を改めてご紹介いたします。

サッカーってどんなスポーツ?

2016720_56_2

ゴールキーパーを含めた11人に1チームで対戦します。ゴールキーパー以外は手を使用することができず、手がボールに当たっただけでも反則となります。前半・後半各45分、合計90分で争われます。ゴールにボールを決めると1点入ります。同点の場合は延長戦、それでも勝敗が決まらない場合はキッカーとゴールキーパーと1対1の対決、PKで勝敗を決めます。稀にPKでも同点が続くことがありますが、どちらかがミスをするまで続けられます。選手個人の技量とチームワークのバランスが勝敗を左右するのがサッカーです。

ここがおもしろい!サッカーの見どころ!

2016720_56_3

サッカーの見どころは個人の技量とチームワークです。個人では華麗なドリブルでディフェンダーを交わし、強烈なミドルシュートがゴールネットを揺らす瞬間は観客のボルテージを際骨頂まで押し上げます。また、華麗なパスでディフェンダーを翻弄し、一瞬の隙を突いて、ゴールを奪う瞬間はチームワークが織り成す芸術的な技術といえます。

アジアの選手であるとフィジカル面よりもメンタル面が試合に大きく影響してしまいます。大きく点差を開いて、試合をリードしていたとしても逆転される可能性も十分にあります。ちょっとしたプレイミスから失点につながりやすい球技でもあり、一度の失点から逆転を許してしまうことも多々あります。

これだけは押さえておきたい!サッカーの必須知識3つ!

2016720_56_4

オフサイドを理解しよう

サッカーは相手側の最後方選手よりも後ろでボールを受け取ることは反則行為となります。オフサイドラインのギリギリのところでボールを受け取り、ゴールを狙うのが醍醐味でもあります。

交替人数には制限がある

サッカーでは選手の交代が最大で3人までと定められています。多くのチームは後半戦や試合終了間際にポイントゲッターの選手を投入します。

勝敗を分けるリベロ

リベロは従来のポジションには存在しておらず、新しく導入されたポジションです。スイーパーの役目を果たしつつ、中盤の組み立てやゴール前まで移動する決まったポジションがない自由なポジションです。

まとめ

日本やヨーロッパでも有名クラブチームが熱戦を繰り広げ、多くの観戦客のボルテージを上げるサッカー。ただのスポーツとしてでもなく、国の威信をかけて、取り組む国も少なくありません。まさに万国共通の愛されるスポーツといえます。