陸上競技観戦を楽しむために!ルールや見どころ、知っておくべきことを解説


夏の世界大会のメイン競技として人気の高い陸上競技。短距離走、中距離走、長距離走、ハードル、走り幅跳びや棒高跳びといった高飛び競技、円盤投げや砲弾投げ、ハンマー投げ、槍投げといった投球競技などがあります。

陸上競技ってどんなスポーツ?

2016720_52_2

陸上競技には多種多様な競技があります。短距離走では100、200、400メートル走、中距離走では800、1500メートル、長距離走5000、10000メートル走、ハードルを飛びながら、タイムを競うハードル走があり、基本的には個人戦で競われますが、種目によっては団体戦も展開されます。

その他、高飛び競技では走り幅跳、走り高跳、三段跳び、棒高跳の4種類があります。その他、器具を使った競技があります。円盤を遠くに投げる円盤投げ、砲丸の飛距離を競う砲丸投げ、ハンマーの飛距離を競うハンマー投げ、投げたやりの飛距離を競う投げやりなどがあります。さらに陸上競技の10種類を競う十種競技は全ての種目において、好成績を残さなければいけません。

ここがおもしろい!陸上競技の見どころ!

2016720_52_3

陸上競技では多種多様の種目があり、それぞれに異なる見どころがあります。世界記録保持者であり、長身と長い足を活かして爽快な走りを見せてくれるボルト選手が参加する短距離走は、まさに陸上競技の花形と言っても過言ではないでしょう。

速さ、同じレーンを走る際に選手同士が激しくぶつかり合い、白熱した駆け引きが展開される中距離走、ラストスパートが見どころの長距離走など走る距離によって、見どころが異なります。ハードル走では華麗にハードルを飛びながら、疾走する姿が優雅です。走り幅跳びや高飛びはどれだけ高く飛べるかが見どころであり、ハンマー投げなどの投げる競技は選手の力強さを楽しむことができます。

これだけは押さえておきたい!陸上競技の必須知識3つ!

2016720_52_4

心理戦が勝敗を決する陸上競技

投げ競技では最初に自己ベストに近い記録を出すことで相手選手にプレッシャーを与える、後半で自己ベスト記録を出すことで一気に追い上げ、相手選手の心を折るなどの心理戦が展開されます。

中距離走では選手のペース配分が見もの

中距離走では走るスピードよりもスタミナが勝敗を決します。周回ごとに走るペースを変え、相手選手のペースを狂わせることで相手のスタミナを奪う駆け引きが見ものです。

何も考えずに楽しむことができる陸上競技

短距離や走り飛び競技などは最初にゴールした人、一番長い距離を飛べた人、一番高く飛べた人が勝利となるため、何も考えずに競技を楽しめます。

まとめ

多種多様の種目を楽しめる陸上競技。それぞれの競技に魅力がある誰でも楽しめる競技です。世界新記録を目撃する、心理戦や駆け引きが楽しめる競技など陸上競技のルールをあまり知らなくても楽しめるのが陸上競技の特徴です。