スポーツで健康美人に!女性に人気のスポーツ別おすすめ水筒


無理なダイエットより健康的に美しく痩せたいと、スポーツを始める女性が増えています。スポーツには水分補給が大切ですが、使用する水筒もスポーツの種目ごとに必要な機能やデザインは違います。人気の5つのスポーツでおすすめの水筒をご紹介します。

 爽快サイクリングにおすすめの水筒

Girl wearing red polka dots dress rides bicycle into park.

ツール・ド・フランスなどの過酷なプロの大会を見ていると、走りながらボトルケージから水筒を取り出して水分補給するのを目にします。私たちがロードバイクやクロスバイク、あるいはマウンテンバイクを楽しむ時にも、自転車のフレームにボトルケージを付けて、そこに入るタイプの水筒を選ぶと便利です。走りながら飲むのは危険でおすすめしませんが、自転車に取り付けることができれば、その分背負う荷物が軽くなり快適に走行することができます。

 サッカーの過酷な運動量には大型ジャグで熱中症対策

20160714_12_3

なでしこジャパンの活躍から、女性の草サッカーチームも増えているようです。過酷な運動量で知られるサッカーでは、プロの選手ともなると1試合90分で10㎞は走ると言われています。草サッカーでもかなり走りますので、しっかり水分補給して熱中症を予防しましょう。それにはスポーツドリンク等がたっぷり入る、大き目のスポーツジャグがぴったりです。

山ガールは小分けした水筒で水分補給も万全! 

20160714_12_4

長時間の登山には、水分補給も大切です。登山には遭難という危険がつきものですから、万が一のためにも少し多めの水分を用意したいものです。しかし、大き目のボトルではリュックの中でバランスが取りづらく片寄りやすいので、危険です。そのため、小さ目の水筒に小分けした方が安全です。メインの水筒の他に、予備の水筒を持ち、メインの水筒へと水を移し替えたら、折りたためる軽量のものを用意するといいでしょう。

揺れにくいポーチ付き水筒で快適ランニング 

20160714_12_5

ランニングも水分補給が大切ですが、マラソン大会のように途中に給水所があるわけではありませんね。しかし、水筒を持って走るわけにも行かず、背中にリュックを背負っても、走る度に揺れて邪魔になります。そういう時におすすめなのが、水筒を入れても揺れが気にならないウェストポーチタイプのボトルホルダー。小銭やスマホを入れることも可能ですので、1つ持っておくと便利です。

ヨガやフィットネスなら水筒もおしゃれに! 

Young active fitness woman with mat and bottle of water outdoors

ヨガやフィットネスは、ウェアを選ぶのも楽しみです。機能性も優れている上、おしゃれなデザインや普段着よりも大胆なデザインを選ぶことができ、楽しめます。大胆なカラーを選んだら、ソックスやヘアゴム、ヨガマットなどの小物もそれに合わせて変えてみたいもの。そうしたおしゃれに気を遣うのなら、ぜひ水筒もウェアに合わせ、センス良く選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

スポーツ別におすすめの水筒をご紹介しました。健康美人を目指してスポーツをするのなら、おしゃれも楽しみたいですね。水筒も機能の面はもちろんですが、使うのが楽しくなるようなお気に入りのデザインを見つけてみてはいかがでしょうか。