タイツは必須!?夏のランニングの女性の服装はどうすればいい?


ランニングをするときの女性の夏の服装は、どんなものを着るべきか悩む人もいるのではないでしょうか。夏は暑さに見舞われるとともに、紫外線対策も必要です。そこで、夏のランニングで望ましい服装について解説します。

夏のランニングウェアの考え方とは

夏は暑さから、「半袖やランニング、ショートパンツなどの軽装の方が走りやすいのでは?」と考えるかもしれません。しかし、薄着で走って日焼けをすると、シミやそばかすの原因になるだけではなく、肌のダメージや体温の上昇によって、体力が奪われやすいです。

しかし、夏は汗を大量にかきやすく、汗で服が濡れてしまいがちです。そこで、夏も長袖のウェアの着用が基本となりますが、マラソン用のものなど通気性や速乾性に優れた素材のウェアを選びましょう。

夏もランニングをしている人の服装をみると、タイツを履いている人を多く目にします。ランニング用のタイツには、筋肉の揺れを軽減して疲労の回復や軽減を図る機能や、関節をサポートする機能、UVカットをして日焼けを防ぐなど皮膚を保護する機能があります。足の負担を軽減して走るために、夏でもランニング用のタイツは必須です。

また、日差し対策として、頭に直接日光が当たらないように、帽子も欠かせないアイテムです。

夏のランニングの服装も長袖とタイツが基本

20160713_13_3

では、夏の女性のランニングは、どんな服装が望ましいのでしょうか。夏のランニングでは、「キャップ+長袖+スカート+タイツ」というスタイルがおすすめです。

帽子

帽子はランニングキャップにすると、頭にフィットしやすく、洗濯しやすいので使い勝手がよいです。ネックガードがついたタイプは、首の後ろの日焼けによる体温の上昇を防ぐことができます。

長袖

長袖でのウェアを着たくない場合には、半袖のシャツを着用して、吸湿性と速乾性に優れたアームカバーを着けて、肌の露出を減らすことも選択肢となります。

タイツ

ランニング用のタイツを履いて暑くのないか気になるところですが、薄手で通気性に優れているため、暑さは感じにくいです。ランニング用のタイツはUV加工されたものが多く、紫外線対策にもなります。

スカート

タイツの上からランニング用の薄手のスカートやショートパンツを履くことで、お腹からお尻まわりの気になる部分を隠すことができます。

まとめ

夏の女性のランニングの服装は、露出を控えて紫外線対策をし、体力の消耗に気をつけるようにします。日中は避けて、早朝や夕方以降の時間帯を選び、こまめに水分を摂取するなど、熱中症対策にも気を配りましょう。