夏のウォーキングの汗かき対策って? 女性におすすめの服装は?


日焼けやTシャツの汗ジミなど、女性の夏のウォーキングにつきもののお悩みは、服装選びで解決しましょう。機能性に優れたグッズを取り入れると、より快適に取り組めますよ。夏の日差しに負けないクールなウォーキングスタイルをご提案します。

 夏のウォーキングスタイルのポイント

Asian woman with tracksuit in sport stadium

夏のウォーキングで特に気をつけて欲しいことのひとつは、汗で身体が冷えてしまうこと。汗でびしょびしょになった服をそのまま着続けると、暑い夏でも身体が冷えて体調を崩すもとになります。また筋肉が固くなるのでケガをしやすくなることも。

おすすめは、衣服をポリエステル100%のものにすること。綿との混合なら、ポリエステルの比率が高いものが適しています。最近のポリエステルは吸水性・速乾性に優れているので、汗を素早く吸い取って肌をサラサラの状態に保ってくれます。通気性もいいので、身体に熱がこもることで起こる熱中症を防ぐ効果もあり。

また、可能であればウォーキング専用のウエアを用意しましょう。機能性が高くてセンスの良いウエアがたくさん開発されています。実際に着用して着心地のよさを実感すると、もう手放せない!という声がよく聞かれます。手持ちの綿100%のTシャツでウォーキングに取り組んでいる方は、一度ポリエステル素材を試してみてくださいね。

次は、夏のウォーキングに適した服装のコーディネートについてご紹介します。

意外!夏のウォーキングスタイルは重ね着がおすすめ 

20160714_15_3

夏のウォーキングウエアというと、なるべく涼しくしたいという思いから、タンクトップ+ショートパンツなど肌を露出する方向で揃えがちになりますね。しかしUV対策の面からは、肌はなるべく隠したいもの。日焼け止めクリームを塗っても、汗で流れてしまうので万全ではありません。

そこでおすすめしたいのが、スポーツ専用のタイツ。ピタッと肌に密着して暑いイメージがありますが、夏用のタイツは通気性や断熱性に優れているので、意外と快適です。またタイツは筋肉が振動で揺れるのを防いでくれるので足が疲れにくく、運動後の筋肉痛を軽減してくれます。身体に適度な圧を加えて血行を促進する効果も。 だけど、タイツはお尻や太もものラインが出るのが恥ずかしい…そんなお悩みは、ミニスカートやショートパンツの重ね着で解決しましょう。スポーツ用品店などでセットになっているものが売られています。

そして、足以外の肌は小物でカバーするのはいかがでしょうか。次は、夏のウォーキングをより快適にしてくれる小物をご紹介します。

 小物を上手に使って夏を乗り切ろう

20160714_15_4

腕を確実に日焼けから守りたいなら長袖トップスを選ぶべきだけど、夏は暑いから、できれば半袖にしたいですよね。そんなときはアームカバーを合わせましょう。袖口から風が通るので涼しく過ごせます。

水に浸して絞ってから首に巻くネッククーラーは、想像以上にクーリング効果を発揮するので試す価値あり。首筋の紫外線カットを重視したい場合は、涼感のある素材で作られたスポーツ用のネックカバーを選びましょう。

また、ペットボトルやスマホをスマートに携帯できる専用ウエストポーチは、意外と収納性が高く、1つ持っていると便利です。ノーブランドなら1000円以下のものもありますし、種類も豊富なので一度探してみてください。

まとめ

女性の夏のウォーキングスタイルは、露出するよりむしろ隠す方向で揃えましょう。専用のウエアはファッション性も高く、やる気をアップさせてくれるはずです。汗だくが予想される夏のウォーキングも、スマートなビジュアルで取り組みたいですね。