女性も楽しい!初心者もハマる!ボルダリングの魅力を解剖!


室内に作られた人口の壁の突起を、手と足で登って行く新しいスポーツが「ボルダリング」。元々はフリークライミングの練習と位置づけだったボルダリングですが、愛好者が増えた結果、スポーツ競技となりました。初めてでも楽しいボルダリングの魅力に迫ります。

ボルダリングとはどんなスポーツ? 

20160714_14_2

スポーツクライミングの中でも、最もシンプルなスタイルが「ボルダリング」です。ホールドと呼ばれるカラフルな突起がついた高さ5メートル程の人工の壁を、ロープなどを使わないでボルダリング用のシューズとチョークパウダーという汗止めのパウダーを付けて登っていく競技です。日本では国体の山岳競技の1つとして採用され、また「リード」、「スピード」と言う、他のスポーツクライミング競技と共に、オリンピックの追加種目候補ともなりました。

ボルダリングのルール 

Colorful modern climbing wall details macro photo

ボルダリング競技のルールはとてもシンプル。ホールド近くに貼られた星や四角等の図形や数字の書かれた色別のシールのうち、自分が決めた色と形のシールのホールドだけを使って、ゴールのホールド目指して登って行きます。これを時間内に繰り返して、登った数をカウントし、多く登った方が勝ちとなります。ボルダリングはロープを使わず、なんと命綱も付けません。「5mもの高さから落ちて大丈夫なの」と心配かもしれませんが、下には安全対策にマットが敷かれて、安全を確保しています。

 ボルダリングの醍醐味とは?

20160714_14_4

道具を使わず、自分の頭でルートを考えて腕と足を使って登るボルダリングは、瞬時に物事を判断する力や握力はもちろん、体幹強化など身体能力の向上が望め、F1レーサーや宇宙飛行士のトレーニングメニューにもボルダリングなどのスポーツクライミングが採用されているそうです。また、インナーマッスルを鍛えることでダイエットにも効果があり、女性には嬉しい限りです。そして、何よりゴールのホールドをタッチした時の爽快感や達成感に、一度始めたら、やみつきになるようです。

 ボルダリングをこれから始めるには?

artificial climbing playground

これからボルダリングを始めようと思ったら、まずは登ってみましょう。日本にも全国各地にボルダリングジムがありますので、まずは一度チャレンジして面白さを体験してみてください。ボルダリングは1人でも始めることができる競技です。各ジムにはレンタルシューズ付きの体験プランがあり、初心者にはスタッフが丁寧に説明してくれますから安心です。体験の際は自分の靴下を用意し、また爪は切って行くようにしましょう。以下、東京近郊のボルダリングジムですので、お気に入りを見つけて早速チャレンジしてみましょう!

① B-Pump(秋葉原):http://pump-climbing.com/gym/akiba/
② GRAVITY(高田馬場):http://www.gravity-sp.com/
③ PEKIPEKI(渋谷):http://www.pekipeki.jp/PEKIDS

ボルダリングのマナーとは? 

20160714_14_6

初心者がうっかりしてしまいがちなマナー違反について紹介しておきます。ボルダリングの壁にはシールで色分けされていくつかのコースがあります。「違う色のコースだから」とひとつの壁を複数の人が登るのは、先に登っている人が落下した時などにぶつかる可能性があり大変危険です。ひとつの壁にはひとりしか登れないことを覚えておきましょう。また、マットは安全対策のためのものです。落ちた人を守るものですから、マットの上に長居するのは厳禁です。その他にも、登っている途中でチョークパウダーを付ける際は、付け過ぎに注意しましょう。余分な粉を払うと、他の人にかかり迷惑です。

まとめ

これからボルダリングを始めたいと思っている方に、ボルダリングの魅力やルール、気を付けるべきマナーなどをご紹介しました。ボルダリングで大きな壁を登り切れば、きっと達成感が得られ、リフレッシュできるでしょう。