おしゃれに決めたい!ゴルフウェア着こなし術


ゴルフは服装に厳しいスポーツですが、ドレスコードさえきちんと守れば案外幅広いファッションが楽しめます。この記事ではゴルファッションを選ぶポイントをご紹介します。オーソドックスから抜け出して、自分らしいおしゃれを始めませんか?

これが鉄板!ゴルフウェアの選びかた【男性編】

Green pants, trousers for man

男性の服装は、基本であるポロシャツとチノパンに、季節や趣味に合わせてアイテムをプラスしましょう。

トップス

以前は襟付きシャツにきちんとしたジャケットなど厳しいルールがありましたが、最近はタートルネックやジップアップのハイネックなども許されるようになりました。
夏は暑いので、やはりポロシャツ1枚のデザインで勝負ということになりますが、冬はダウンジャケットやニットブルゾンなどの重ね着が楽しめます。最近のゴルフウェアとしてのダウンジャケットは、スリムでストレッチ性があり、プレイを邪魔しないような素材や形で作られている商品もあります。モコモコするからとダウンを敬遠していた人は、一度ショップに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ボトムス

ベーシックアイテムはチノパンですが、手持ちにビビッドなカラーパンツを取り入れると気分がガラッと変わります。最近はプロで着用する人も増えてきて、取り入れやすいアイテムになりました。一見とっつきにくいのですが、トップスにモノトーンなどの落ち着いた柄を持ってくれば、案外ピタッと馴染んでくれます
反対に、トップスに個性的なものを選んだときは、ボトムスは白やグレーなどでシンプルにしましょう。

キャップ

帽子の色は、コーディネートのどこかで使われている色を持ってくると浮きません。全体が落ち着いたトーンなら、帽子にトップスの一部に使われている差し色を持ってくるといいアクセントになります。シューズと同色を持ってきても馴染みがよく、全身がまとまるのでおすすめのテクニックです。

シューズ

シューズでおしゃれなものというと、革靴タイプのものがよりデザインに優れたものが多いです。最近は使いやすさを求めて軽量化の傾向にあるので、重さで敬遠していた人も試す価値はあります。
スニーカータイプであれば、色で遊びましょう。派手な服はどうも気後れするという人は、上下をモノトーンでまとめて、シューズだけ鮮やかな色にするという取り入れ方ならトライしやすいのではないでしょうか。

これが鉄板!ゴルフウェアの選びかた【女性編】

20170209_178_03

女性はスカートとパンツが選べるなど、男性よりアイテムが豊富。カラフルでおしゃれなデザインのものが多く、目移りしてしまいます。

トップス

かなり幅広いデザインが出回っています。ただ、胸元の露出が高いものは品がなくなるので、やはり避けましょう。
ベーシックなポロシャツの上にカラフルなベストやジャケットを合わせると可愛らしく、おしゃれになります。冬はデザイン性の高いセーターを主役に決めるのもよし、重ね着で楽しむのもよし。羽織りものにきれい色を選択したら、シャツやボトムスはトーンを落とした同系色で抑えると失敗が少なくなります。

ボトムス

女性はスカートにショートパンツ、キュロットと選択肢が多くて選ぶのが楽しいボトムス。ただし、やはり肌の露出が少ないものが好ましいので、あまりに短いホットパンツやミニスカートは避けましょう。
丈が短めのアイテムには、レギンスやニーハイソックスを合わせると肌が隠せますし、おしゃれになります。冬ならレッグウォーマーも可愛いですね!フレアタイプのものを選んでシューズにかぶせ気味にすると、足長効果があるのでおすすめです。

キャップ

帽子はプレイの邪魔にさえならなければ自由度の高いアイテムなので、ぜひおしゃれなものを選びましょう。ウェアをシンプルにまとめて、面積の狭い帽子をカラフルにして遊ぶのもいいですね。

シューズ

シューズはボールの飛距離やプレイの出来にもかかわる重要アイテム。どうしても男性よりも体力が劣る女性は、シューズのデザインよりも軽さや性能にこだわることをおすすめします。どんな服にでも合うシンプルなデザインのものを選べば、便利に使い回せますよ。

スコアが上がるかも?ゴルフウェアを選ぶポイント3つ

golf shoe

ゴルフウェアはファッション性ももちろん大切ですが、ウェアがスコアに影響することもあるので、機能面も重視したいところです。そこで、快適なプレイを支えてくれるゴルフウェア選びのポイント3点をお教えします。

1.服はジャストサイズを選び、なるべく体にフィットさせる

服のサイズが体に合っていないと、なんとなく違和感があったり、だらしない印象を周囲に与えてしまったりします。ゴルフは見た目も大切。上下ともにジャストサイズを選び、きちんとした印象をつくりましょう
プレイ面でも、服が大きくて裾がダボついていたり、腕回りがもたついていたりしては成績に悪影響が出ないとも限りません。ダウンジャケットやブルゾンを選ぶときは、袖がファスナーで取り外せるものがおすすめです。

2.できるだけ機能的な素材の衣服を選ぶ

冬、野外でのプレイは寒いので何枚も重ね着したくなりますが、あまり重ね着をすると体を動かしにくくなるというデメリットがあります。「プレイヤーが1枚重ね着をするごとにドライバーでの飛距離が5ヤード落ちる」なんて言う人もいるほどです。
しかし、いくらスコアのためとはいっても、寒くて凍えそうなのに薄着で我慢するのはつらいですよね。

そこで利用したいのが、発熱する機能のある衣服。最近は高機能な衣服が多数のメーカーからから販売されています。
また、夏は速乾性や通気性、冷触感のあるウェアを着用すると、炎天下のプレイが幾分快適になります。そうすればプレイにも集中しやすくなり、いい結果に繋がりやすいのではないでしょうか。これらの高機能ウェアはプロゴルファーも多く愛用しています。

シューズは必ず試着して買う

ゴルフでよいプレイをするためには、シューズ選びは大切です。いいシューズは両足の裏でしっかりと地面をグリップしてくれます。そして足の踏みしめる力を両腕に伝え、力強いスイングを実現させてくれるのです。
また、高性能のゴルフシューズは傾斜やぬかるみでも滑りにくく、足の疲れを軽減してくれます

シューズは通販よりも、店舗で試着してからの購入をおすすめします。プレイに深く関わる場所だけに、フィット感を何よりも大切にしてほしいところです。

相手別ウケのいい着こなしポイント

Young sportive couple playing golf on a course

ゴルフは老若男女が一緒に楽しめる、数少ないスポーツです。一緒にまわる相手も親しい友人ばかりではありません。相手と自分との関係や、状況によって適するファッションも変わってくるはず。そんなとき、どのようなことに注意してウェアを選ぶといいのでしょうか。

自分より目上の人との着こなしポイント

自分より目上の人と一緒に回るときは、ベーシックできちんとした服装を心がけるといいでしょう。派手な柄や色鮮やかなカラーパンツは控えます。自分の個性を出すよりもドレスコードを重視し、ポロシャツの裾はパンツの中に入れましょう。

女性と一緒のときの、「男性」の着こなしポイント

女性と一緒、ということで変に意識して、格好をつけすぎてもかえってイメージダウンになることも。ここは清潔感のあるデザインの中にちょっと差し色が効いた、「さりげなさ」をポイントにしたおしゃれでコーディネートしましょう。
また、芝生のグリーンに映える原色や、ビタミンカラーも女子ウケのいいチョイス。白やライトグレーと合わせて爽やかに着こなすのがおすすめです。
柄ものに柄ものを合わせる、全身ネオンカラーなどは難易度が高いので避けた方が無難。ドレスコードもきちんと守りましょう

男性と一緒のときの、「女性」の着こなしポイント

男性に人気があるのは、パンツよりも、スカートワンピースだとさらにポイントが高くなります。デザインは甘さ全開の可愛らしいスタイルよりも、清楚で知的なものが人気です。派手なネオンカラーや奇抜なデザインのものは男性側が委縮する危険性がありますが、かといって地味なモノトーンや無難すぎるデザインではガッカリされてしまうことも。
また、プレイに熱中しすぎてしゃがむ時にガバッと足を開くなどの、女を忘れた振る舞いはNG。ちょっとしたしぐさにも「女子」を意識しましょう。

まとめ

ゴルフは大自然の中で行うスポーツ。普段街中で着る服よりも明るめの色合いの服を選ぶと、芝生の背景に映えておしゃれに見えます。組み合わせで悩んだら、白を合わせるとまとまることが多いです。いつもは着ない色に思いきってトライしてみては?

関連記事