アスリート必見!スポーツウエアについた汗のニオイ対策


運動やトレーニングに大量の汗はつきものですよね。でも、働きながら運動やトレーニングをしていると、毎日洗濯をするのは大変でつい洗濯物をため込んでしまうことも。これは汗のニオイがこびりつく大きな要因です。そこで今回は、汗だくになったスポーツウエアを洗う際に気をつけたいポイントや、オススメの洗濯方法をご紹介します。

 

汗のニオイの原因は?

汗をかいた時に、その不快感はもちろんですが、一番気になるのはニオイですよね。自分だけでなく、他人にも影響を与える汗のニオイはどのように生まれているのでしょうか。

個人差はありますが、汗という液体自体にはほとんどニオイはありません。 しかし、汗を拭き取るなどケアしないまま時間が経つと、皮膚上にいる汗成分と皮脂をエサとする皮膚常在菌が繁殖。中でも黄色ブドウ球菌や真菌といった「皮膚上の悪玉菌」が、汗成分や皮脂を分解する際にアンモニアなどの不快臭を作り出すことで、”汗臭いニオイ”として発散されるようになります。

また、汗の量が多くなればなるほど、この「皮膚上の悪玉菌」も繁殖しやすい環境になるため、よりニオイもアップしてしまうという仕組みです。

汗臭さを抑えるには、汗をかいたら時間を置かずに、ニオイの元となる汗をこまめに拭き取ることが大事です。

 

菌を取り除かない限りニオイは続く

汗でびっしょりになることも多いスポーツウエア。洗濯をして次に着用しようとした時に、汗のニオイが落ち切っておらず不快な思いをしたことがある人も多いのでは。汗や皮脂が付着したスポーツウエアの繊維の奥では、前述した「皮膚上の悪玉菌」が多く繁殖し、汗や皮脂の分解を繰り返しています。しっかりと洗濯でこれらの菌を取り除かないとニオイは発生し続け、どんどん汗臭さが染み付いてしまうことに。

では、これらの菌の繁殖を抑え、可能な限りニオイの原因物質を取り除くためには、どのような洗濯をすれば良いのでしょうか?

 

効果的な洗濯物のニオイ対策とは?

基本は「つけ置き洗い 」

少し大きめの洗面器などへ、40℃ほどのお湯を衣類がしっかりと浸る程度まで加え、ニオイケアに効果のある洗剤を入れて「つけ置き洗い」をしましょう。

スポーツウエアに付着した皮脂などのタンパク質汚れは酸性のため、反対の液性を持つ弱アルカリ性を使った方が汚れは落ちやすくなります。ただし洗浄力が高いため、色落ちや素材によって傷むことも。事前に衣服の取り扱い絵表示の確認や、目立たない部分で色落ちチェックなどをしてから使用するようにしましょう。30分~2時間つけ置きし、衣服とつけ置きした洗剤液をそのまま洗濯機に入れ、普段通りに洗濯すればOK。

逆性石鹸を使用する

逆性石鹸という言葉自体、あまり聞いたことがないという人も多いですよね。逆性石鹸とは、陽イオン界面活性剤のことで、一般的な石鹸とは異なり洗浄力は弱く、主に“殺菌”に特化した石鹸と言えます。

普段汚れを落とす際に使う一般的な石鹸や合成洗剤の多くは、水に溶けるとマイナスの電気を帯びて陰イオンになる、陰イオン界面活性剤と呼ばれるものがほとんど。対して、水中ではプラスの電気を帯びて陽イオンになるのが逆性石鹸です。通常の石鹸とは”逆の性質”を持つので、逆性石鹸と呼ばれています。

陽イオンは陰イオンに引き寄せられる性質があります。菌は、マイナスの性質を持つタンパク質やセルロースなどが主成分。プラスの電気を帯びた逆性石鹸が、マイナスの電気を帯びているこれらの菌に強く吸着し、タンパク質やセルロースを変質させて細胞の構造を破壊するため、殺菌効果が得られるとされています。

使い方は、まず洗面器などに洗濯物を入れ、逆性石鹸の希釈液に1〜2時間つけ置きします。製品ごとに希釈濃度が異なるので、書かれた用量を守って使用しましょう。あまり濃度が高すぎると生地を傷めてしまう可能性があるので注意してください。また色落ちのチェックも欠かさずに。その後、きれいな水ですすいでいつも通り洗濯機で洗濯をするだけ。逆性石鹸は市販されているので、簡単に購入することが可能です。

洗濯量・洗剤量に注意

たまった洗濯物を、何回も洗濯機を回すのが面倒だからとギュウギュウにつめて洗濯をしていませんか?それでは、洗濯物の繊維にこびりついた菌がきれいに洗い落とせません。洗濯槽の容量の7~8割で洗濯するのがベターです。洗濯能力が下がらずに洗濯できます。

また、洗剤の入れすぎもNGです。ニオイを落とそうと、ついつい多めに入れてしまいがちですが、たくさん入れても効果がアップするわけではありません。逆に洗剤が溶け切らなかったり、すすぎ切れなかったりして衣服に洗剤が残り菌の栄養に。これが結果的にニオイの原因にもなるので、洗剤は書かれた用量を守って使いましょう。

乾かし方も重要

濡れて湿度の高い状態は、菌が繁殖する絶好の環境です。洗濯が終わったら、洗濯槽に放置せずにすぐに干しましょう。天気の良い日に、太陽の光に当てる干し方が最も効果的な殺菌方法ですが、建物の環境や季節によってはなかなか太陽の光に当てるのが難しい場合もありますよね。乾燥機などがなく部屋干しする場合は、とにかく早く乾かすことが、ニオイを防ぐ最も大切なポイント。

まずは、衣類の間隔を十分にあけ風を通しやすくします。そして、扇風機で風を当て、洗濯物の近くに除湿機を置きます。除湿機がない場合は、エアコンの除湿機能でも代用可能。扇風機と除湿機を組み合わせて使うことで洗濯物が乾く時間もグンと短縮され、菌の繁殖を抑えることができるので、ニオイを防ぐ効果的な方法と言えます。

 

まとめ

汗びっしょりの衣類などは他の洗濯物と一緒にするとニオイ移りや菌の繁殖を増幅させることになるので、できれば別にして素早く洗濯しましょう。でも、どうしても疲れて寝てしまう・・・なんてこともありますよね。そんなときは洗濯機内の湿度を上げないよう、フタは空けたままに。少しでも菌の繁殖を抑えることが大事です。ぐっすり眠った後は、翌朝急いで洗いましょう!

関連記事