手持ちのスポーツウェアを日常に。アスレジャースタイルを楽しもう!


スポーツウェアは運動時に着用するものであって、普段使いすることは少ないですよね。しかしここ数年、そのスポーツアイテムを日常着にオシャレに取り入れるスタイル=「アスレジャー」が人気となっています。そこで今回は、「アスレジャー」の特徴とコーディネートのヒントについて紹介します。

 

「アスレジャー」とはどんなファッション?

「アスレジャー(athleisure)」とは、「athletic(アスレチック)=運動競技」と「leisure(レジャー)=余暇」を組み合わせた造語です。明確な定義はありませんが、簡単に言うと、フィットネスクラブやヨガスタジオで着るようなスポーツウェアを、普段の生活でもカジュアルウェアとして着こなすスタイルを指します。以前より定番のワンピース×スニーカーのようなスポーツミックスよりも、“スポーツテイストが強い”ことが特徴です。

2000年の初めにヨガウェアブランドが発信したスタイルが原点と言われており、そのスタイルを海外セレブが取り入れたことで人気に火がつきました。その人気の秘密は、

① 全身リラックスできる
スキニースタイルによる締め付けやハイヒールなどによる歩きにくさがなく、ストレスを感じず快適に行動できると、特に女性から高い支持を得ています。また、元々がスポーツウェアなので伸縮性に富み、着心地の良さも抜群です。

② 着回しがきく
シンプルなデザインが多いスポーツウェアがベースなので、様々なアイテムと組み合わせがしやすく、着回しがきくのもポイント。

③ 人気アパレルブランドも参入
これらのブームにより、スポーツブランドだけでなく非スポーツ系のアパレルブランドも続々参入。スポーティ要素を保ちながらも、より上品かつオシャレなアイテムを登場させたことで人気が拡大。スポーツを積極的に行わない人までも”街着”として取り入れるようになりました。

「アスレジャー」生活を楽しむためにも、どんなコーディネートがあるか男女別に見てみましょう。

 

洗練されたメンズファッションに挑戦を!

かっちり系アウター×ジョガーパンツ×スニーカー

レザージャケットやロングトレンチコート、チェスターコートにジョガーパンツを合わせれば、キレイめスタイルの着こなしに。トップスにパーカーやトレーナー、またはキャップを加えると、ややカジュアルでラフなスタイリングになります。

ライダースジャケット×スウェットパンツ×スニーカー

武骨な雰囲気漂うライダースジャケットに、スポーツテイストが強めなスウェットパンツを合わせてワイルドに。上下の素材感の違いで全身にメリハリが生まれ、スッキリとしてよりオシャレな印象です。スウェットパンツは足首を出すなどして、部屋着感が出ないよう注意しましょう。

ビッグサイズシャツ、オーバーサイズコート×スリムジョガーパンツ×スニーカー

トップス、またはアウターをあえてビッグシルエットになるオーバーサイズでまとめ、そこにスリムジョガーパンツを合わせます。ゆったり×細身のシルエットのコントラストがスタイリッシュさを生み出します。

パーカー×カットソー×レギンス×ショートパンツ×スニーカー

トップス・ボトムスの重ね着も今どきのオシャレな着こなしの一つ。スポーティになり過ぎないよう、全身の色合いをモノトーンで統一させたり、帽子や時計などのアイテムを取り入れたりすることでアスレジャースタイルに。

同じアイテムでも、サイズ感を変えるだけでガラリとコーディネートの印象が変わります。また色合いも黒や白、グレーを中心にまとめると、上品かつスタイリッシュな雰囲気になり、逆にカラーを加えることでカジュアル感につながります。

また、スポーツアイテムは、ジャージー素材などが中心となるため素材感が限られてしまい、シンプルすぎるコーディネートになることも。そんなときは、ブランドロゴやナンバーリング、ラインなどが印象的なデザインアイテムをアクセントにしてエッジを効かせると、ワンランク上のファッションスタイルに!

 

ぴったりフィットのレディスファッション

ロングコート、ロングシャツ×ぴったりトップス×ヨガパンツ、レギンス×スニーカー

ぴったりトップス×ヨガパンツ、レギンスはフィットネスジムやヨガスタジオでの王道スタイル。そこにワークアウトウエアとしてロングコートやロングシャツをプラスするだけで、アスレジャーに変身。ロングコートやロングシャツを羽織るだけで、”街着”としてそのまま日常使いできるスタイルに。ぴったりとしたボディライン×ロング丈のアウターは縦長のシルエットになり、スタイルを良く見せる効果も。

短丈ブルゾン、ジャケット×ぴったりトップス×レギンス×スニーカー×レザーバッグ

全身をスポーティなワークアウトウエアで着こなしている時は、存在感の強いレザーバッグなどを一つアイテムとして持つだけで、カジュアル過ぎないオシャレさを演出できます。また、ブルゾンやジャケットを腰に巻くなどしてもファッショナブルなコーディネートになりそうです。

ファー素材ベスト、コート×カットソー×ヨガパンツ、レギンス×スニーカー

ファー素材のアウターのほか、襟ぐりや裾などフリル感があるトップスを合わせると、フェミニンなスタイルに仕上がります。スポーティの中にも女性らしさを重視する人は、こちらのスタイルがおすすめ。

基本的に「アスレジャー」は、休日にフィットネスジムやヨガスタジオでエクササイズするようなスポーツウェアを中心にコーディネートします。ヨガ用パンツやレギンス、スニーカーなどスポーティなアイテムとタンクトップやカットソー、ジップアップパーカーなどを組み合せるだけでも、簡単に「アスレジャー」になります。

羽織るものを変えたり、重ね着スタイルなどを取り入れたりすることで季節を問わず、一年中楽しめるのも「アスレジャー」スタイルの魅力ですね。

まとめ

スポーツで鍛えられたほどよく筋肉がついたアスリートの体形だと、アスレジャースタイルはよりオシャレに着こなせるのでピッタリです。まずは手持ちのアイテムを総点検してみて、この機会にぜひトライしてみてくださいね。

関連記事