パリッと感を長持ちさせる!ビジネススーツのお手入れ方法


スーツをかっこよく着るための一番の方法は、きちんとお手入れをすることです。いくらおしゃれな着こなしをしていても、ヨレヨレのスーツでは台無しですよね。今回は、大切なビジネススーツや体育会の制服を長持ちさせるコツや、お手入れの方法、困ったときの対処法などをご紹介します。

毎日のルーティンに決定!スーツを長持ちさせるコツ

スーツを長持ちさせるためには、何よりも毎日のケアが欠かせません。シワ、ニオイ、生地のダメージなどを防ぐコツをご紹介します。

ハンガーにかけて陰干しする

シワや型崩れを防ぐために、帰宅したらすぐにハンガーにかけましょう。上着をかけるハンガーは、スーツの肩幅に合ったものを選び、ズボンは専用のハンガーに裾の部分をハンガーにはさんで逆さまに干すことで、シワを伸ばすことができます。

ポケットの中身を出す

物を入れっぱなしにしていると、ポケットの形が崩れてしまうため、帰宅したら必ずポケットの中身を出しましょう。そもそも脇ポケットや胸ポケットはあくまで装飾ですから、物を入れるのは内ポケットだけにしましょう。また、重たい物を入れるのも型崩れの原因になるので、入れすぎには注意してください。

ブラッシングする

目に見えない小さなホコリやフケなどの汚れを放っておくと、生地のダメージやニオイの原因になります。ハンガーへ吊るすときに、ブラッシングして汚れを取りましょう。汚れのつきやすいジャケットの肩や襟まわり、アームホール(袖ぐり)などを重点的にブラッシングしてください。パンツも忘れずに!

毎日同じスーツを着ない(しっかりスーツを休ませる)

1日着用したスーツにしみこんだ汗は、生地を傷めるだけでなく、ニオイやカビの原因にもなってしまいます。帰宅後すぐクローゼットにしまうのではなく、風通しのよい室内で陰干しして、しっかりと水分を飛ばしましょう。扇風機やエアコンの風を当てると効率よく湿気を飛ばすこともできますが、最低でも1日は休ませたいところです。

 

ニオイやシワはこれで解決!トラブルシューティング

 次にご紹介するのは、シワやニオイなどのお手入れ方法です。わざわざクリーニングに出さなくても、手軽なケアで解決しますよ!

ニオイがついた

タバコや汗、食べ物臭など、気づかぬうちにスーツはいろんなニオイを吸いこんでいます。まずは、スーツを脱いだら消臭スプレーをふって、その日のにおいを翌日に残さないようにしましょう。また、陰干しすることで水分とともにニオイの分子が蒸発し、ニオイが消えます。ブラッシングでまめに汚れを落としておくことも、ニオイ対策になります。

雨で濡れた

生地を傷めないために、タオルをやさしく当てて水分を取りましょう。それほど濡れていなければ、軽くはたいて水滴を落とすだけでOK。あとは、ハンガーにかけて陰干しして湿気を飛ばします。ズボンがびしょ濡れになった場合は、裏返して小物干しなどを使い筒状に干すと早く乾かすことができます。

シワがついた

専用のスチームアイロンなどもありますが、一番手軽なのは浴室を使うことです。熱いシャワーを2~3分出し続け、蒸気を満たした状態でハンガーにかけたスーツを浴室に吊るしておきます。夜、シャワーを使ったあとにスーツを干せば、翌朝にはシワもとれ、湿気も乾いた状態に仕上がっています。同様に、シャツやズボンもこの方法でケアできるので、出張時に便利です。

 

自宅で洗う場合に気をつけたいこと

最近は、自宅の洗濯機で洗えるスーツも数多く登場しているものの、洗濯方法を間違うと残念な結果になってしまうことも…。しっかりコツを押さえて、自宅洗いに挑戦してみましょう。

準備するもの

・おしゃれ着用洗剤
ドライマークの衣類を洗濯機洗いするには、専用の洗剤を使用してください。

・洗濯ネット
2枚準備して、ジャケットとズボンを別々に入れましょう。

・スーツに合ったハンガー
型崩れを起こさないよう、スーツのサイズに合ったハンガーが必要です。

洗い方のポイント

・洗濯表示をしっかりチェックして
ドライマークや手洗いマークがついているものは、洗濯機洗いできます。水洗い不可のマークがついているものは、洗濯機では洗えないので注意してください。おしゃれ着用洗剤を使い、ドライコースや手洗いコースなどの弱い水流で洗いましょう。

・面倒でも色落ちテストを必ず行う
おしゃれ着用洗剤の原液をティッシュなでに含ませ、生地の裏側の目立たない部分に数分間当ててみましょう。色移りしていなければ、洗濯機洗いOKです。

・脱水が終わったらすぐに陰干しする
脱水後は、シワを防ぐためにすぐに洗濯機から取り出してください。上着は大きくふりかざした後にハンガーにかけ、縫い目の部分を軽く引っ張って縮みを防ぎ、全体の形を整えましょう。ズボンも同様に、縫い目を伸ばし、裏返して小物用の物干しハンガーに筒状に吊るします。

汗は時間が経つことで「ニオイの原因」となってしまいます。スーツ着用時に大量の汗をかいてしまったら、なるべく早く洗ってしまうのがオススメです。

関連記事:「アスリート必見!スポーツウエアについた汗のニオイ対策

 

アイロンがけのポイント

アイロンがけをすることで、スーツのシワを伸ばすだけでなく、素材を長持ちさせる効果や、殺菌・消臭効果もあります。熱と摩擦で生地が傷むのを防ぐため、綿100%の手ぬぐいやハンカチを必ず当て布として使いましょう。

アイロンがけのポイント

・アイロンがけの前にラベルをチェック!
生地に使われている素材それぞれに適切な温度がありますので、ラベルを必ずチェックしましょう。当て布の準備もお忘れなく。
●綿・麻…高温(180~200℃)
●ウール…中温(140~160℃)
●ナイロン・アクリル…低温(110~130℃)

・まずは裏地から
裏の縫い代部分にしっかりアイロンをかけると、表に返したときにスッキリ仕上げることができます。

・シワを伸ばすスチームの使い方
スチームを出しっぱなしにしているとシワがきれいに伸びません。初めの一方向はスチームを使って生地を蒸らし、反対方向にアイロンを動かすときはスチームを切り熱で形を整えながらプレスすると、キレイに仕上がります。

・難しいところはタオルを入れれば解決!
ジャケットの肩やズボンの裾などアイロンがけが難しい立体的なパーツは、筒状に丸めたタオルを中に入れてアイロンをやさしくかけるとふっくらと仕上がります。

 

まとめ

帰宅したら、スーツをハンガーにかけてブラッシングして陰干しする。これだけやっても、時間にすればほんの数分で終わります。最初は面倒かもしれませんが、快適な着心地をキープできるので気持ちがいいですよ。近頃は抗菌防臭効果や防シワ加工などケアがしやすいスーツもあるので、次にスーツを買う際はそのような機能性のあるものを選ぶのもおすすめです。

関連記事