登山用ザック・部活のエナメルバッグetc. 洗濯機で洗えないスポーツバッグのお手入れ方法


登山用ザックや部活のエナメルバッグなどのスポーツバッグは、汗のにおいや汚れが気になりますよね。「洗いたいけれど、洗いにくいなぁ」「正しいお手入れ方法がわからない」という方のために、今回はスポーツバッグのお手入れ方法をご紹介します。
※必ず、洗濯表示を確認してからお試しください。

 

洗濯表示を見て、洗えるかをチェック!

まずは、お手入れしたいアイテムの洗濯表示を確認します。水洗いできるマークがあれば、家庭でも洗濯ができます。基本的に、ポリエステル・ナイロン・布製のリュックサックは丸洗いが可能で、塩化ビニールや革は洗うことができません。素材の特性も覚えておくとよいでしょう。
関連記事:「快適さは記録アップにつながる! スポーツウエアで使われる素材について

 

基本はやさしい押し洗い。すすぎ残しにもご用心!

洗濯機を使うとバッグの型崩れや生地が傷むこともあるので、基本的には手洗いをオススメします。洗う前に、バッグの中に入ったゴミを取り除き、取り外せるパーツは外しておきましょう。基本の洗い方は次の通り。

1.バッグが入る大きさのシンクや浴槽にぬるま湯を張って、中性洗剤を溶かします。粉せっけんは水に溶けにくいので、必ず液体洗剤を使いましょう。生地を傷めにくいおしゃれ着用洗剤がおすすめです。
2.洗剤液の中にバッグ全体を浸し、やさしく押し洗いします。
3.水が汚れてきたら、すすぎましょう。洗剤がバッグの中に残っているとカビの原因になるため、丁寧に何度もすすいでください。
4.水が濁らなくなったらバスタオルで包むようにして水気を拭き取ります。
5.形を整えて逆さまにし、風通しのよい場所で陰干しすれば完了です。

 

洗えないバッグのお手入れ方法

残念ながら洗えない場合は、別の方法でお手入れしましょう。プラスチック製の消しゴムや、濡らしたメラミンスポンジに中性洗剤を含ませたもので軽くこすったり、水で濡らして固く絞ったタオルで汚れをトントン叩いたりするだけでも、ある程度の汚れは落ちます。レザーは水に弱く色落ちしやすいため、よごれ防止のためにあらかじめ防水スプレーをかけておくのがおすすめ。汚れは、レザー専用のクリーナーでオフしましょう。

 

バッグの種類別お手入れ方法

背中に大量に汗をかく登山用ザックや、くすみが気になるエナメル素材のバッグなども、適切なお手入れをすればスッキリときれいになりますよ。種類別のお手入れ方法をチェックしておきましょう。

登山用ザック

1.ぬるま湯に、おしゃれ着用などの中性洗剤を溶かした洗濯液を準備します。
2.特に気になる汚れがある場合は、濡らした食器用スポンジに中性洗剤を直につけて汚れをこすります。
3.1の洗濯液をつけたスポンジで、登山用ザック全体をまんべんなくこすります。
4.シンクや浴槽に水を張って登山用ザックを入れ、形を整えたまま優しく押し洗いをします。
5.水が透明になるまで、押し洗いとすすぎを繰り返し、最後にシャワーで丁寧にすすぎます。
6.水気をしっかり拭き取り、底の部分を上にして風通しのよい場所で陰干しします。

ナイロンやエナメル素材のスポーツバッグ

1.中敷を取り出し、バッグの中に水と洗剤を入れます。
2.水がこぼれないようにファスナーを閉め、バッグを左右に傾けて振ります。全体に洗剤が行きわたるようにしましょう。
3.5~10分ほど置いたあと、バッグの中から泡が出なくなるまですすぎます。
4.バッグを逆さまにし、風通しのよい場所で陰干しします。

ゴルフバッグ

レザー

1.乾いた布で表面の汚れを落とします。
2.別の布に専用クリーム取り、全体に塗りこみます。ムラなく全体に塗りましょう。
3.しばらく置いてクリームをなじませ、仕上げに乾いた布で拭き上げます。
4.風通しの良い場所で陰干しします。

帆布(はんぷ) 

1.濡らしたブラシにおしゃれ着用などの中性洗剤をつけ、汚れをこすります。
2.あまり強くこすると色落ちの原因になるため、全体をまんべんなくこすりましょう。
3.しっかりとすすいだ後、タオルで水気を吸い取ってから、形を整えて風通しのよい場所で陰干しします。

 

まとめ

スポーツバッグのお手入れは、やさしい押し洗いと丁寧なすすぎが大切。スポンジで汚れを落とすときも、やさしくクルクルと回すようにしてください。力を入れすぎると、プリント部分がはがれたり、部分的に色落ちしたりすることも。適切なケアは、バッグを長持ちさせるためにも欠かせません。きれいな状態をキープして気持ちよく使えるよう、ぜひ試してみてくださいね。