初心者必見!快適ランのためのランニングシューズの正しい選び方


ランニングシューズがあれば、いつでもどこでも、旅行先でだって楽しめるのがランニングの魅力です。ランニングシューズを正しく選べば、怪我も少なくどんどん上達して楽しくなってくるはず。初心者のためのランニングシューズの選び方をご紹介します。

まずは自分のつま先がどのタイプかチェックしてみましょう

Print

人間のつま先のタイプはこのイラストのようにいくつかあります。右からエジプト型、ギリシャ型、左の二つがスクエア型と言います。親指から小指へと段々短くなっていくエジプト型が日本人に最も多いタイプで、親指より人差し指が長いギリシャ型は日本人の2割程度、親指と人差し指が同じ位の長さで比較的指の長さが揃っているスクエア型は1割程度と言われています。
それぞれのつま先のタイプで、靴先の選び方に注意するポイントが違います。エジプト型は親指が長く当たりやすく、きつい靴を履くと外反母趾になる危険がありますから、つま先に余裕が必要です。
ギリシャ型は一番ランニングシューズに馴染みやすいタイプといえますが、横幅がきつすぎると人差し指が圧迫された感じになりますから、横幅にも気を付けて選ぶといいでしょう。
スクエア型は小指が普通の人より長いため、普通の靴の形では小指が圧迫されやすいです。小指に無理がない程度に幅のある靴を選ぶことが大切です。

ランニングシューズのサイズは普段の靴のサイズとは違う!

A pair of blue sports shoes with measurement tape on wooden gray

普段履いている靴が23.5㎝だからと、ランニングシューズも安易に同じサイズを買ってしまうのは間違いです。一般的に普段履いている靴よりもランニングシューズは大き目を選ぶ方がいいと言われています。それなのに、多くの人が実際に最適なサイズよりも小さ目を選んでしまう傾向にあるようです。ランニングシューズを買う際には、きちんと専門店で足の長さや幅をしっかり計測してもらって最適なサイズを知り、それから選ぶようにしましょう。

ランニングシューズは軽い方がいいというのは初心者には当てはまらない!

Running shoes and bottle of water

プロのランナーのシューズの制作秘話などをテレビや雑誌で見ると、ランニングに向いているのは軽いシューズと勘違いしてしまいがちです。しかし、軽いシューズはプロの選手やタイムを目指す上級者のためのものであり、初心者に軽いシューズは向いていません。「重い靴で走る自信がない…」と思われそうですが、実は重い靴=クッション性の高い靴で、初心者の足を守る働きをしてくれるのです。
ランニングでは地面に着地する瞬間、その人の体重の倍以上の衝撃がかかると言われています。走るフォームがまだ安定していない初心者は、余計な足への負担を避けるためにもクッション性の良いランニングシューズを選ぶことが大切です。走るフォームも安定して、長く走れるようになり、レースを意識しだしたら、レース用の軽いシューズを検討するようにしましょう。

まとめ

ランニングの初心者がランニングシューズを選ぶ際のポイントをご紹介しました。購入の際は、専門店で計測してもらってから選ぶといいでしょう。また、必ず試し履きをして納得してから購入するようにしましょう。