指導者の道以外に何がある?選手引退後のスポーツ関連の仕事とは


スポーツ選手として引退後、指導者の道に進むことができる人は限られています。しかし、スポーツに関連する仕事に就きたいと考える人は多いのでは。そこで、セカンドキャリアとして目指せるスポーツ関連の仕事についてまとめてみました。

アスリートをサポートする「スポーツトレーナー」

■このロケーションは、撮影利用料を支払い撮影を行っています。

スポーツトレーナーは、引退したスポーツ選手や学生時代にスポーツをやっていた人が就くことが多い仕事です。選手時代の経験を活かして、アスリートに寄り添ってサポートしていくことができます。
スポーツトレーナーには民間資格として、日本体育協会の「アスレティックトレーナー」がありますが、公的な資格はないため、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、医療系の国家資格である柔道整復師の資格があると、医療類似行為として捻挫や打撲などに対する施術を行うこともできるので有利です。専門学校や大学の柔道整復師の養成課程に進むと、スポーツトレーナーとして必要な知識も身につけることができます。

アメリカへ留学して、スポーツトレーナーの国家資格である「NATA認定アスレティックトレーナー」を取得する人もいます。 ただし、スポーツトレーナーは雇用の場が少ないのが実情です。プロチームや企業のチームと契約するか、トレーナーの派遣会社に登録するのが一般的な選択肢です。選手時代の人脈を活かして仕事を探すことも考える必要があります。
スポーツトレーナーとして活躍できると、ナショナルチームに帯同するといった新たな夢を持つこともできるでしょう。

スポーツイベントを開催する「スポーツプロモーター」

112_03

スポーツプロモーターは、スポーツイベントの企画や運営を行う仕事です。大会やイベントの日程調整や会場のセッティング、宣伝活動、マスコミ対応などを行います。関連団体やチーム、スポーツ選手と交渉を行うこともあるため、選手時代の人脈が生きることもあります。スポーツイベントは、観客を動員して利益を上げることが目的の場合もありますが、振興を図るために開かれるイベントもあり、「スポーツを広める」ことにも貢献できる仕事です。
スポーツプロモーターは、企画力があり、コミュニケーション能力が高く、リーダーシップのある人が向いています。スポーツプロモーターを目指すには、イベント会社などに就職するのが一般的です。

中学校や高校の「体育の先生」

現役を引退後、大学や大学院の教職課程で学び、中学校や高校の体育教師として教壇に立つスポーツ選手もいます。公立学校の教員採用試験へ応募できる年齢制限が気になるところですが、意外と幅広いです。東京都の例で見ていくと、2017年4月からの採用の募集で、1977年4月2日以降に生まれた人が対象となっていますので、採用時に40歳の人まで応募が可能です。また、スポーツで優秀な成績を残した人に対する特別採用も行われています。
教員採用試験は狭き門ではありますが、子どもの頃、学校の先生になるのが夢だった人は、セカンドキャリアで実現することもできるのです。

体育会が好まれるスポーツ関連企業の「営業職」

112_05

営業職はほかの職種と比べて、間口が広い傾向にあり、未経験でも就きやすい職種です。スポーツ関連の企業であれば、スポーツが好きな人が多いため、スポーツ選手の引退後の仕事として馴染みやすいことが期待できます。 営業職は、「営業成績で数字が求められるため厳しい」と捉える人もいます。しかし、これまで記録の更新などの目標に向かって努力を続けてきたアスリートにとっては、明確な目標を持つことができるため、モチベーションにつながりやすいです。
また、スポーツ選手などの体育会系の人は、「挨拶ができる」、「上下関係を重んじるので取引先に失礼なことを言わない」といった点で、営業職として好まれます。営業成績が伸びないときや、理不尽なことで上司から叱責を受けたときも、スポーツ選手時代に培ったメンタルの強さで乗り越えられる人が多いです。

競技での知識を活かす「スポーツショップスタッフ」

112_06

スポーツショップでは、競技していたスポーツに関する知識を接客や仕入れの業務に活かすことができます。スポーツショップを訪れる人は、年齢や性別がさまざまで、スポーツを競技として取り組んでいる人もいれば、趣味でやっている人もいますので、それぞれに応じた商品を提案することが求められます。スポーツショップスタッフは、人と接することが好きな人に向いた仕事です。
一つのスポーツに特化した専門ショップ以外では、ほかのスポーツ用品に関してもお客さんからの質問を受けることがあるため、幅広い知識を身につけることが必要です。ショップによっては、独自のスポーツイベントを開催しており、企画に携われることもあります。将来的に自分のショップ持ちたいという夢がある人は、スポーツショップで働いてみることも選択肢となるでしょう。

まとめ

スポーツ関連の仕事といっても、求められるものは職種によって大きく異なります。企業などで働くためには、スポーツ選手として活動していた頃とは違った適性があります。これまでの経験が活かせる、自分に合った仕事をみつけたいですね。