スポーツトレーナーという選択肢もあり!自己PRや志望動機とは


スポーツ選手を引退するとき、一般企業で働くよりも、スポーツに携わる仕事がしたいと考える人は少なくないのではないでしょうか。キャリアチェンジを考えたときに、スポーツに携われる仕事の一つとして、スポーツトレーナーが挙げられます。

スポーツに関わる仕事として「スポーツトレーナー」も選択肢に

 

スポーツウェアの男性

転職では、一般的に企業側からは即戦力となることが求められますので、スポーツ選手は年齢相応のキャリア形成が図られていない点では不利です。しかし、一方で多くのスポーツ選手に当てはまる、「礼儀正しく挨拶ができること」や「ストレスに強いこと」は武器となります。そのため、営業職などとしてスポーツに関連しない企業で働く、元スポーツ選手も多くいます。しかし、スポーツとは無縁な慣れない仕事に戸惑いを感じている人は少なくありません。

スポーツに関わる仕事では、指導者の道に進んで食べていけるのは、ごく一部の人に限られています。指導するチームを選ばなければ、指導者になることはできるかもしれませんが、生計を維持できるだけの収入を得ることは難しいです。

そこで、スポーツに関わる仕事として現実的に考えられるのは、スポーツトレーナーです。スポーツトレーナーは、選手時代の成績に関係なく、実力や人脈でキャリアを積んでいくことができます。スポーツトレーナーは男性が多いイメージですが、男女関係なく就ける仕事です。

選手を支える「スポーツトレーナー」の仕事内容

■このロケーションは、撮影利用料を支払い撮影を行っています。

スポーツトレーナーには、メディカル部門とフィジカル部門の仕事があります。プロチームでは分業制をとることが一般的ですが、アマチュアチームの場合、兼任することが少なくありません。

メディカル部門

メディカル部門のトレーナーは、アスレティックトレーナーやメディカルコーチと呼ばれることが多いです。障害を予防するためのテーピングや、試合中に選手がケガを負ったときの応急処置として、消毒やアイシングなどを施します。試合後にマッサージを行い、選手の身体の疲労回復を図るのもアスレティックトレーナーの仕事です。ケガをしている選手に対しては、チームドクターからケガの状態を聞いたうえで、リハビリメニューの作成や指導をします。選手の身体づくりのため、栄養管理を行うこともあります。

フィジカル部門

フィジカル部門のトレーナーは、体力管理を担当し、コンディショニングコーチやフィジカルコーチと呼ばれる仕事です。監督やコーチと相談のうえ、1年間のトレーニングメニューを作成し、指導を行います。また、ウォーミングアップやクールダウンのメニューもつくります。

スポーツトレーナーのやりがい

スポーツトレーナーは、選手が力を最大限に発揮できるようにサポートしていく仕事です。長年、2人3脚で頑張ってきた選手が結果を出したとき、ケガをしていた選手が復帰できたときなどに、やりがいが感じられることが多いです。また、「ナショナルチームのトレーナーになる」といった新たな夢を持つこともできます。

スポーツトレーナーの働く場

スポーツトレーナーは、プロや実業団のチーム、あるいは、個人と契約を結びます。スポーツトレーナーを派遣する会社に登録する方法もあります。

スポーツトレーナーになるためには学校で学ぶ!?

20161206_130_04

スポーツトレーナーになるための公的な資格はありません。スポーツトレーナーの民間資格には、公益財団法人日本体育協会のアスレティックトレーナーなどがありますが、資格があれば、仕事に結びつくとは言い難いのが実情です。それよりも、特にメディカル部門を担当するスポーツトレーナーは、国家資格の柔道整復師やはり師、きゅう師を取得していると有利です。柔道整復師は骨折や脱臼に対する応急処置や、打撲の治療を行うことができます。はり師、きゅう師は鍼やお灸によってツボを刺激することで、自然治癒力を高めて、身体の疲労やケガの回復を図ります。

柔道整復師やはり師、きゅう師の資格を取得するには、専門学校や大学など3年制以上の養成機関を卒業し、国家試験に合格する必要があります。専門学校などのスポーツトレーナーを目指すコースは、柔道整復師、または、はり師やきゅう師の養成課程となっていることが多いです。

スポーツ選手から転身しスポーツトレーナーで活躍している人から学ぶ方法もありますが、学校に通うことで、トレーニング理論などの知識を体系的に身につけられることがメリットです。また、柔道整復師の資格を取得すると整骨院、はり師やきゅう師の取得では鍼灸院などで働くこともできます。

ただし、学校へ通うとなるとネックとなるのは収入面ですが、スポーツトレーナーを養成する専門学校の中には、夜間の課程を設けている学校もあります。

スポーツトレーナーに求められる能力とは

20161206_130_05

スポーツトレーナーになると、縁の下の力持ちとして裏方へ徹することが求められます。選手ではなく、「スタッフ」の立場となることに抵抗のある人には難しいです。選手の状態を把握して、冷静に対応できる人がスポーツトレーナーに向いています。

また、医学やトレーニング理論は日々進化していますので、新しいことに関心を持ち、自ら学んでいく向上心があることも、スポーツトレーナーの条件です。また、ケガをしたり、体調を崩したりしたときは、気持ちが落ち込みがちですが、選手の心身をベストな状況に持っていけるように、言葉をかけることが望まれます。ときには、選手と監督の間に入って報告などを行うこともありますので、高いコミュニケーション能力が必要です。

トレーナーは全体練習後の選手の個人練習が終わった後に、身体のケアを行うこともありますので、選手の時間に合わせて行動できることも求められます。

スポーツ選手からスポーツトレーナーになると、選手の気持ちに寄り添ったトレーナーになることが期待されます。また、同種の競技経験がある元スポーツ選手は、有利になることが多いです。

スポーツトレーナーになるための志望動機や自己PRとは

20161206_130_06

一般的な求人サイトにおいて、プロチームや実業団、学生のチームなどでのスポーツトレーナーが募集されることは、滅多にありません。スポーツトレーナーの欠員が出た場合の募集は、チームの先輩や後輩などのネットワークを通じて行われることが多いです。そういった選考の場で、志望動機や自己PRとしてどういったことを話せばよいのでしょうか。

志望動機は職種への理解が伝わるものに

スポーツトレーナーとして契約できるチャンスが巡ってきたときに、面接で志望動機を問われて、「スポーツに関連する仕事がしたかったから」では抽象的で説得力に欠けます。「なぜ、スポーツに関連する仕事をしたいのか」、そして、その中でも「なぜスポーツトレーナーなのか」という点を掘り下げて答えられることが大切です。

 

たとえば、選手として活動していたときに、スポーツトレーナーのサポートで競技生活を続けられた話を具体的に盛り込み、今度はサポートする側に立ちたいといった理由が挙げられます。

 

スポーツトレーナーは自分がメインではなく、サポート役である点を理解していることが伝わる志望理由としましょう。

スポーツ選手としての成績は自己PRにはならない

スポーツ選手として輝かしい成績を収めていたとしても、スポーツトレーナーとして働いていく上では、自己PRにはなりにくいです。これまでの経験をトレーナーとして、どう活かしていきたいか話すことがポイントになります。選手の気持ちに寄り添っていきたいこと、向上心を持って取り組んでいくことなどを、裏付けとなるエピソードとともに話すとよいでしょう。

まとめ

スポーツ選手のときには、監督やコーチ、トレーナーからサポートされる側でしたが、スポーツトレーナーとして働くと、サポートする側へと変わります。ほかの仕事に就くときも、これまでとの立場の違いを理解し、気持ちを切り替えておきましょう。

 

関連記事