現役ダブルキャリアでスポーツ選手をセカンドキャリアに導く方法


スポーツ選手の競技人生は短く、多くの選手が現役引退後のセカンドキャリアを築くことに苦労している中、競技団体としてどんな支援ができるでしょうか。ここでは、現役時代のダブルキャリアを活かし、引退後の選手をセカンドキャリアへと導く方法を紹介します。

選手のアルバイトや職業事情を把握する

20161206_137_02

競技団体として、選手が練習を終えた後、どのような仕事に就いているか把握していますか?競技生活を優先している選手たちは、おそらく練習時間を確保するため、夜間に短時間で高時給を得られるような仕事に就いているのではないでしょうか。まずは、選手たちと面談をして、どのような仕事をしているのか聞き取り調査してみましょう。

多くの選手が現役引退する時、それ一筋で頑張って来た競技から離れた喪失感を少なからず味わうでしょう。その状態で、第二の人生を考えろというのは酷なものです。とはいえ、現役中から引退後のことを考えろというのも、「勝負に勝つ」、「記録を出す」ことに集中している選手たちには難しいことです。そこで、競技団体としてできることは、現役時代から選手に将来につながるようなダブルキャリアを実現させることです。もし今の仕事がセカンドキャリアにつながりそうにないものであれば、将来のキャリアにつながるような仕事を紹介しましょう。

セカンドキャリアに活かせるダブルキャリアとは

20161206_137_03

セカンドキャリアに活かせる現役時代のダブルキャリアとしては、どんな仕事をしてどんな経験を積んでおくといいのでしょうか。
スポーツ選手は先輩後輩の縦社会にいますから、礼儀作法や挨拶などはしっかり鍛えられています。これは一般社会に出ても、大変な強みとなります。
一般事務やコールセンターなどでの勤務は、セカンドキャリアにプラスになります。どちらもPC操作や電話応対などのビジネスマナーの基本が学べます。特に、コールセンターの仕事は、時間を区切って勤務できるシフト制もあり、スポーツ選手でも取り組みやすい仕事です。夕方、夜間も開設しているコールセンターがありますので、練習時間を犠牲にせずに勤務できます。
また、スポーツの指導者になりたいという意志があれば、指導員の資格を取得しアルバイトで指導員の経験を積む、スポーツジムなどで働くなどもセカンドキャリアにつながります。

セカンドキャリアにつながる仕事を紹介する

20161206_137_04

所属選手の現役時代のダブルキャリア支援として、練習時間が優先でき、セカンドキャリアにもつながる仕事を紹介する取り組みをすすめていきましょう。競技団体として、一般企業に協力を仰ぐこともできますが、スポーツ選手の現役生活とセカンドキャリアを応援している人材派遣会社と契約してサポートを頼むことも可能です。カウンセラーが選手と面談して、どういうキャリアを築いていきたいのかを聞き取り、その希望に沿った職業紹介をしてもらえます。

まとめ

現役時代のダブルキャリアを活かして、引退後のセカンドキャリアに導くために、競技団体として何ができるかについて紹介しました。現役時代のダブルキャリアでの経験が、第二の人生にプラスになってくれたら心強いですね。

 

関連記事