Excelで星取表を作ろう【アスリートのためのOffice入門1 】


社会人にとってOffice系アプリケーションの操作は必須ともいえるスキルです。中でも、Excelは名簿や売り上げの管理、またスケジュールや進行表の作成など、さまざまな用途で使われています。シリーズ「アスリートのためのOffice入門」では、スポーツの現場でも役立つ書類を作成するヒントをご紹介します。

リーグ戦で使える「星取表」に必要な要素とは?

サッカーやラグビーなどのリーグ戦(日本では総当たり戦が一般的)の勝ち点制度 では、試合の結果に応じてポイントが加算され、全試合終了時点で最も勝ち点の多いチームから1位、2位…と順位が決定します。

サッカーでの勝ち点は「勝ち3点・引き分け1点・負け0点」、ラグビーでは「勝ち4点・引き分け2点・負け0点」など、競技ごとに異なる設定になっています。仮に勝ち点が同じになった場合は、得失点差(得点 ― 失点)で順位を決定します。

そこで、リーグ戦の各試合の得点を入力できるようなExcelの星取表 を作ってみましょう。

 

STEP 1:リーグ戦の星取表に必要な項目を整理しよう

まずは、自分の作ってみたい星取表の完成形イメージを探してみましょう。手元にある過去の試合結果を参考にしてもよいですし、インターネット検索でもさまざまなレイアウトを見つけることが可能です。一般的に、チーム数がそれほど多くない場合は横長のレイアウトが多くみられます。

この作業のポイントは、どのような表が使い勝手が良いかをExcelで作業する前に考えておくということ。Excel操作に慣れてしまえば「作りながら考える」こともさほど難しくはありません。しかし、項目の追加や削除に思いのほか時間がかかることもあるため、メモレベルでよいので、紙にアイデアやイメージを書き出しておきましょう。このひと手間を加えることで、作業をより効率よく進めることができます。

次に、表の作成に必要な項目を“具体的に”洗い出します。サッカーやラグビーなどで使う星取表であれば、以下のような項目が必要になるでしょう。

 

【項目名】

  • チーム名
  • 得点
  • 勝敗マーク(〇●△)
  • 勝点、得失点差、順位

完成形のイメージと項目が出そろったところで、早速、星取表の作成に取り掛かりましょう。

 

STEP 2:タイトル・項目をセルに入力し、列と行を調整しよう

まずは、STEP1で洗い出した要素をセルに入力します。今回は上部にリーグタイトルを、縦・横それぞれにチーム名や項目を入力しました。

次に、各チーム名の間に列と行をそれぞれ追加して、必要な情報が入力できるように調整します。今回の星取表では、縦の各チーム名の右側にそれぞれ2列ずつ追加して勝敗マークと相手の得点を入力できる欄を、横の各チーム名の下にはそれぞれ1行ずつ追加して上下2段で使い分けられる欄を追加します。

D列を選択し右クリック → [挿入]で、1列(1行)ずつ追加されます。

このようにして、各チーム名の横へ2列・縦へ1行ずつ追加を行いましょう。

STEP 3:セルの幅を調整して、見やすいレイアウトに整えよう

列や行を挿入したままでは見づらく、印刷にも適さないレイアウトになってしまうため、セルの幅を調整して見やすい表に整えましょう。

幅を調整するために、まずはマウスをドラッグしながら丁度いい位置まで縮めた列の幅の数値をメモし、同じ幅に縮めたいすべての列を選択して右クリック → [列の幅]でメモした数値を入力すれば、選択した列がすべて均等な幅で縮まり、機能的な美しさを持った表になります。ちなみに、セルの縦幅は少し広めに取っておくと、文字がスッキリ見やすくなります。他のセルの幅やフォントサイズも適宜調整し、下図のようにレイアウトを整えておきましょう。

STEP 4:「セルを結合して中央揃え」し、セル内改行で文字を読みやすく

チーム名が入っている複数セルにかかるエリア(C4~E4)は、セルを結合させてテキストを中央揃えにしましょう。該当するセルを選択し、ホームタブの [配置] → [セルを結合して中央揃え] をクリック。縦に並んだセルも同様にして結合させておきましょう。「勝点」など結合させていないセルも、文字を中央揃えにしておくと見た目が揃い美しくます。

また、改行して文字の視認性を上げることも大切です。例えば、B5セルに入った「五日市キッカーズ」を途中で改行させるには、改行させたい位置にカーソルを置き、 [Alt] + [Enter] で改行しましょう。Excelのセル内文字にカーソルを合わせて[Enter]キーを押しても、下のセルがアクティブ化(選択状態)するのみで、セル内では改行されません。

STEP 5:罫線を整えて、中央に斜線を追加する

最後に、ホームタブの [フォント] → [罫線] ボタンや、右クリック → [セルの書式設定] → [罫線]などを使って、星取表に罫線をかけて美しく整えます。チーム同士が重なり合うエリアは[セルを結合して中央揃え]で1つのセルに変更し、 [セルの書式設定] から線のスタイルを選んでから\のマークをクリックすると、セル内に斜め罫線を引くことができます。

 

まとめ

少しのコツを覚えて練習することで、Excelのスキルはどんどん上達します。自分の手と頭を使いながら繰り返し作業するうちに、機能的で美しく、アレンジしやすい表を作ることができるようになるでしょう。星取表に得点を入力するだけで勝敗マークや勝点を表示させる関数も追ってご紹介しますので、どうぞお楽しみに。

 

関連記事