実は12種類もある! 知っているようで知らない「メンタル」のこと 後編


「実は12種類もある! 知っているようで知らない『メンタル』のこと 前半」では、スポーツにおけるメンタル(精神力)とは “心理的競技能力”であること、アスリートとしての心理面の長所と短所を、【忍耐力・闘争心・自己実現意欲・勝利意欲・自己コントロール能力・リラックス能力・集中力・自信・決断力・予測力・判断力・協調性】の12要素に切り分けることで、より効果的なメンタルトレーニングの第一歩が踏み出せることをご紹介しました。後編では、これら12要素を5つの能力ごとのグループに分け、より具体的な内容をご紹介します。

 

(1)競技意欲


①忍耐力:辛い練習やスランプに耐えられる力
②闘争心:戦おうとする強い意志や、失敗を恐れないチャレンジ精神
③自己実現意欲:自分の能力を発揮して目標を達成したいという意欲
④勝利意欲:絶対に勝ちたいという決意

競技意欲とは、すなわち競技に対する「やる気」。やる気には2種類あり、それぞれ競技へのモチベーションが内発的(やっている)か、外発的(やらされている)かという違いがあります。そのうち、競技意欲を高めるには内発的なモチベーションを高めることが有効とされています。「どうして自分はこの競技をやっているのか」という本質的な問いかけを繰り返すことで、①忍耐力 ②闘争心 ③自己実現意欲 ④勝利意欲のスキル向上につなげていきましょう。

 

(2)精神の安定・集中


⑤自己コントロール能力:イメージトレーニングを行い、あらゆる状況に対処できる能力
⑥リラックス能力:不安や緊張をありのまま受け止め、物事をポジティブに捉えることができる力
⑦集中力:自分のすべきことに意識を向け、その状態をキープする力

これは、アスリートが試合で実力を発揮するために欠かせない能力です。本番に弱いアスリートは、上記でご紹介した(1)競技意欲つまり「やる気」に関する項目が高すぎるあまり、(2)精神の安定・集中が苦手で、⑤自己コントロール能力 ⑥リラックス能力 ⑦集中力が低くなってしまう傾向が見られます。

ここ一番の勝負時で過度に緊張してしまう方や、冷静なプレーが必要であるはずの場面で興奮しすぎてしまう方は、⑤~⑦を強化するとよいでしょう。そのためにまずは、腹式呼吸を心がけてください。腹式呼吸は、副交感神経を優位に保って精神の安定を図ると同時に、集中力を高めるのに効果を発揮します。どのような状況においても、自分のプレーに集中できる能力を磨きましょう。

関連記事:「能力をフルに発揮するために。緊張感と上手につきあう方法

 

(3)自信


⑧自信:不安や悩みを受け止め、自分の能力を信じる
⑨決断力:失敗を恐れず、選択肢の中から最適なものを選びとれる力

自信とは、読んで字のごとく「自分の力を信じる力」。このスキルを向上させるためには、なにより成功体験を重ねることが大切です。「試合に勝つ」といった大きな目標でなくても、ひとつひとつのプレーやタイムの向上など、達成感を感じられる場面はたくさんあります。実現しやすいゴールを設定して、成功体験を重ねていくとよいでしょう。ポジティブな言葉で自分の心を励ますセルフトークやルーティンによって自分のペースを作り、ポジティブにものごとを捉える訓練をするのも有効な方法です。

 

(4)作戦能力


⑩予測力:物事に敏感になり、ちょっとした変化で次の動きを予測する
⑪判断力:経験を積んで、いざというときにも平常心を保ち、ベストな判断ができる力

全体の動きをみて先を読み、判断するスキルである作戦能力は(3)の自信とともに、経験を重ねていけばある程度身についていくものですが、意識的にトレーニングすることで、さらに伸ばすことができるでしょう。有効な方法のひとつは、イメージトレーニングです。自分が完璧なプレーをしているシーンをひとつひとつの動きまで詳細に頭の中でイメージし、さまざまな状況を想定して自分がどう動けばよいかを判断し、その時が来たら作戦通り実行できるよう練習しておくことが大切です。

 

(5)協調性


⑫協調性:所属チームやチームメイトに貢献したいという気持ち

これは、人とコミュニケーションを取って支え合い、ひとつの目標に向かって動く力です。協調性が必要なのは、団体競技に限ったことではありません。個人競技であっても、スポーツを続けるうえでは、所属する団体の仲間やコーチなど、さまざまな人とコミュニケーションを取る必要があります。たとえば、“互いによいプレーを褒め合うことで自信につなげる”など、協調性を大切にして周りとコミュニケーションを取っていけば、さまざまな面でプラスに作用していきます。

 

まとめ

競技意欲、精神の安定・集中、自信、作戦能力、協調性、これらがバランスよく備わることで、アスリートの“心理的競技能力”が高まります。これら12のメンタル要素を参考にして自分の強み・弱みを研究し、メンタルトレーニングに役立ててみてくださいね。