スポーツと相性バツグン!アスリートこそInstagramを始めよう


写真や動画の投稿に特化したSNS『Instagram』。好きなものの情報を発信して、世界中の人とコミュニケーションできるアプリとして2010年にリリースされてから、今や全世界の月間アクティブユーザー数(1か月あたりの利用者数)が10億人を越える人気アプリとなっています。そして、Instagramはアスリートの発信ツールとしても相性が良いことをご存知でしょうか?その理由を探ってみましょう!

 

Instagramの特徴をおさらい

まずは、InstagramというSNSがどのようなサービスなのかについて、おさらいしておきましょう。ここでは、特徴的なポイントを3つ解説します。

投稿

投稿できるのは写真と動画の2種類。フィルターを使って雰囲気のある写真に加工することができ、FacebookやTwitterと同様、投稿時に位置情報を設定することも可能です。気に入った投稿には、ハートマークの「いいね!」ボタン、コメント、アカウントのフォローなどのアクションが可能。FacebookやTwitterと連動することにより、Instagramの投稿を別のSNSにもシェアすることができます。

ハッシュタグ(#)

Instagramにおける特徴的な文化として定着しているのが、ハッシュタグ。「#ジム #筋トレ #ベンチプレス」など、投稿に複数のハッシュタグを設定するユーザーが多いのも特徴です。Instagramのフィードには、自分とフォローしている人の投稿が流れてきますが、さらに知りたい情報や好みのアカウントを見つけるために、ユーザーはハッシュタグを使って検索します。投稿者は、検索されやすいようなハッシュタグを複数つけておくことで、より多くの人に見てもらいやすくなります。ちなみに、お気に入りのハッシュタグ自体をフォローすることも可能です。

「好き」でつながるコミュニティ

一般的に、Instagramは炎上しにくいSNSと言われています。その理由のひとつは、拡散性の低さ。FacebookやTwitterでは、自分がフォローしているアカウントがシェア(Facebook)・リツイート(Twitter)した投稿もタイムライン上に表示されますが、Instagramでは、基本的に自分とフォローしているアカウントの投稿だけが流れてくるので、他のSNSに比べて拡散性が低いとされています。

もうひとつは、写真を軸にしたSNSであるというのが大きな理由。お気に入りの写真を通じた「好き」でつながるコミュニティが醸成されており、相手の気持ちを考え、人の意見やプライバシーを尊重するなど、利用者同士のマナーを大切にする空気感があります。セルフブランディングという目的でInstagramを使うユーザーも多いことから、攻撃的な投稿が少ない傾向にあるとされています。同時に、フォロワーと世界観を共有することで、ファン獲得につながりやすいという側面も。

 

スポーツはInstagramでも人気の高いジャンルのひとつ

次にお伝えしたいのは、スポーツ・アスリートとInstagramの相性について。スポーツはInstagramのユーザーにとって人気の高いジャンルのひとつであり、写真の魅力だけでフォロワーが増えやすい傾向があります。さらに、躍動感のある動画を投稿できるというのも、スポーツに適している特徴。写真に「いいね!」がついたり、コメントをもらったりすることでモチベーションが上がるため、アスリートの方はぜひ活用してください。

せっかくInstagramを始めるなら、人気を集める投稿がどんなものかを知っておきましょう。まずは、臨場感あふれる試合風景の写真や動画はマスト。試合風景は会場に足を運べないファンにとっても、うれしい投稿です。さらには試合以外のトレーニング風景や食事内容、使っている用具などのオフショットも人気です。

ただし、自分のスポンサーのライバル企業の製品やロゴなどが映っている写真や、許可を得ていないファンの顔写真など「写ってはいけないもの」をうっかり投稿してしまっていないか、細心の注意を払いましょう。投稿する写真は隅々までチェックし、顔写真を撮影した際はSNSに掲載する事前許可を得るなど、マナーを守りながらの利用を心がけましょう。

関連記事:「スポーツ選手こそ知っておくべき!ネットリテラシー入門」

 

Instagramでの情報発信は、広報・PR活動のトレーニングにもなる

Instagramの投稿には、最大で2,200文字のテキストを添えることができます。文章を書くことが好きなら、自分の熱い想いを写真と共に表現するのもよいでしょう。アスリート自身が発信する素直な気持ちが伝わる文章は、ファンの心にも響きます。

とはいえ、やはりInstagramは写真が命。たとえコメントが短くても、魅力的な写真や動画にはたくさんの「いいね!」がつきます。文章が苦手な方は、魅力的な写真が撮れるように撮影方法を工夫したり、人気のアスリートアカウントの投稿を研究したりしてみましょう。このように、自分自身や競技の魅力をアピールするメディアとしてInstagramを活用することは、情報発信の練習にもなります。もしかすると、セカンドキャリアとして企業の広報やスポーツライターという選択肢も広がるかもしれません。ぜひ、意欲的にInstagramを活用してくださいね。

関連記事:「地域リーグでダブルキャリアを磨くには?」

 

まとめ

自らのモチベーションアップ、ファン獲得、情報発信力の強化など、さまざまなプラスの効果が生まれるInstagram。このSNSを上手に活用して、ファンとのコミュニケーションや競技の広報活動に役立ててくださいね。