ネクタイ選び・サイズ感etc.少しの気配りで印象UP!メンズスーツの着こなし術


ビジネスパーソンにとって、スーツは「名刺代わり」ともいえる大切なアイテム。知ってトクする着こなしのテクニックや、ネクタイなどアイテム選びのTips、さらにはアスリート体型ならではのスーツ選びのポイントもご紹介します。デザイン・サイズなど自分の魅力を引き立てるスーツを選び、好印象を持たれる着こなしを実践してみませんか?

太さ、長さ、柄etc.ネクタイ選びの成功パターンを知るべし!

ネクタイは、スーツスタイルのアクセントになる重要なアイテム。スーツの前に、まずはネクタイ選びのポイントを知っておきましょう。スーツに合ったネクタイをチョイスすることはもちろんですが、TPOをわきまえることも大切です。

● 太さ

ネクタイの太さは、ジャケットのラペル(下襟)に合わせるのがセオリー。ラペルとネクタイの太さが合っていないと、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。ネクタイを買いに行くときは、事前に手持ちのジャケットのラペルを測っておきましょう。最近は「ナローラペル」と呼ばれる細めのラペルや、細めのネクタイも人気です。

● 長さ

ちょうどいいネクタイの長さは、ベルトにかかるぐらいの位置。長すぎるとだらしない印象を与え、短すぎるとカジュアルすぎるため、ベルトへ少しかかる長さに調節しましょう。ネクタイが長い時は、ネクタイの細いほうを裏のループに通すなどして調節できます。

● 柄

ビジネスシーンでは、フォーマル・カジュアルそれぞれに相応しいネクタイの柄があります。たとえば、ドット・小紋なら、柄が小さいほどフォーマルで、大きくなるほどカジュアル寄りに。ストライプも幅が細いとフォーマルで、幅が太いとカジュアルな印象に。「柄が小さく、控えめなほうがフォーマル向き」と覚えておきましょう。上品な印象を持たせたいときにも、フォーマルな柄を選ぶとよいですね。

● 色

柄と同様に、ネクタイの色は顔周りの印象を決める要素です。それぞれの色が持つイメージを考えて、シーンにふさわしいネクタイを選んでみては?また、ネクタイに使われている色数は少ない方がフォーマルで、たくさんの色が使われているのはカジュアル向きです。新たな色にチャレンジするときは、まずはストライプなどの柄で、色の分量を抑えて取り入れるか、濃い色を避けて淡い色を選ぶと合わせやすいでしょう。

● やる気や情熱を伝える色:赤、黄色、オレンジ
赤や黄色など、強い印象を与える色のネクタイを、ここ一番の勝負ネクタイに選んでみては?
● 好印象を持たれる色:青、ピンク、水色
好印象を与えたいときには、青やピンク、水色がオススメ。特に、ピンクや水色は、フォーマルシーンにも適しています。
● 落ち着きを表す色:緑、ブラウン、グレー
自分自身がクールダウンしたいときや、反省の・謝罪の気持ちを示したいときにも。

 

スーツスタイルを粋に演出するチーフアレンジをマスター!

ふだんはあまり使わないという人にも、ぜひ挑戦してほしいアイテムがチーフ。ビジネスからフォーマルシーンに使え、シンプルなスーツスタイルを粋に演出してくれる名小物です。さらりとポケットチーフを挿した欧米のアスリートのスーツスタイルをお手本にしてみてはいかがでしょう。

● 色

ビジネスシーンにふさわしいのは白かグレー。最初の1枚は、フォーマルにも使える白を選びましょう。色味のあるチーフは、ビジネスには不向き。カジュアルシーンでのおしゃれを格上げしたいときに使いましょう。

● 素材

さわやかな印象を与え、朝~夕方に適した麻(リネン)は、ポケットチーフの中で一番格調高い素材。光沢の強いシルクは夜の式にふさわしく、ビジネスシーンにも適しています。カジュアルなジャケットにも合う綿は、フォーマルシーンには合わせづらいことがありますが、ビジネス遣いはOK。まずは、いろいろなシーンに使えるシルク素材を選んでみては?

● 折り方

チーフの折り方にはいろいろな種類がありますが、まずはオールマイティーに使える「TVフォールド」を覚えておきましょう。ポケットのラインに沿ってスクエアに挿すのが無難です。また、カジュアルシーンやパーティー向きの「パフ」というふんわりとした折り方は、年齢が上がればビジネスシーンでもOKとされています。

・TVフォールドの折り方
1. チーフを裏側にして置き、半分に折りたたむ
2. さらに半分に折りたたむ(4分の1サイズの正方形になる
3. ポケットの幅に合わせて、三つ折りにする
4. ポケットの深さに合わせて、下を折りたたんで長さを調整する

スーツはサイズ感が命!アスリートが知っておくべきサイズ選びポイント

肩やパンツにシワが寄っていたり、「もっさりしている」「頼りない」印象に映ってしまったり…。多くのアスリートが頭を悩ませているのは、“自分に合ったサイズがわからない”ということではないでしょうか。ビジネススーツは、何よりもサイズ感が命!以下のチェックポイントを参考に、とことん試着してみましょう。

ジャケット

まずは肩幅が合っているか、肩回りや袖にシワが入っていないかをチェックし、腕を動かしてみて突っ張った感じがないことを確認します。フロント部分は、ジャケットのボタンを締めた状態で、内側にこぶしひとつ分のゆとりがあるのが適正サイズ。ボタン部分にシワやたるみが出ないものを選びましょう。そして、忘れてはいけないのが背中側のシワ。サイズがきついと横に引っ張られたようなシワが入り、反対にゆったりしたサイズでは縦ジワが目立ってしまいます。

パンツ

パンツを格好良く見せる最大のポイントは、ヒップ下の部分にシワが入らないこと。アスリートはウエストで合わせるとヒップがきつくなりやすい傾向がありますので、サイズはヒップで合わせて、ウエストは手のひらがまっすぐ入るぐらいの余裕をもったものを選びましょう。ウエストは、お直しで4~5センチ程度は詰めることができます。

 

まとめ

アスリートの引き締まった筋肉は、スーツスタイルをスタイリッシュに見せる何よりの武器!そのアドバンテージを最大限活かすための、サイズ感やアイテム選びを参考にしてくださいね。まずは、基本のサイズ感やTPOに合わせた着こなしをマスターしてから、ワンランク上のおしゃれを取り入れてみましょう。演出したいイメージに合わせた効果的なアイテム選びが上手になると、よりいっそうスーツスタイルのおしゃれが楽しくなりますよ!