チームやイベント、そして競技全体を盛り上げる!スポーツマネジメントの仕事とは


東京2020をきっかけに、注目が集まっている「スポーツマネジメント」というお仕事。日本では主に、サッカー、バレーボール、バスケットボールなどのプロリーグでその取り組みが行われています。近年、専門学部を新設する大学・専門学校も増えており、学生たちも高い関心を寄せています。今回は、スポーツマネジメントのお仕事に就くために必要なスキルや、教育機関で教えている内容についてご紹介します。

 

スポーツに関わるあらゆることを“マネジメント”する役割

もともと「マネジメント」とは経営管理のこと。組織の目標を設定し、目標達成や成果をあげるために組織の経営資源を効率的に活用したり、リスク管理を行ったりする役割です。つまり「スポーツマネジメント」の役割とは、スポーツに関わるあらゆることを管理し、スポーツの価値を高めること。球団やクラブ経営だけでなく、選手の体調・メンタル管理、さらにはファンクラブ運営や交流イベントの企画をはじめとするファンのマネジメントなども、スポーツマネジメントの領域です。

スポーツマネジメントはカバー領域が広いだけに、スポーツに関する知識はもちろん、球団・クラブに関する理解、企画力、発信力など、幅広いスキルが要求されます。しかしながら、今の日本にはスポーツマネジメントの専門人材はまだまだ不足していると言われています。

スポーツマネジメントに携わっている人材は「学生時代に取り組んでいたスポーツを、やっぱり仕事にしたい!」という強い想いのもと、一般企業から転職した人や、引退後にスポーツキャリアを活かして仕事をする、元プロアスリートが多い傾向にあります。前者は社会人経験や経営に関するビジネススキルを、後者はクラブ運営や選手の体調管理、スポーツに関する深い知識や理解、なにより「競技者の気持ちを理解できる」というスキルを活かせるため、アスリートのセカンドキャリアとしても注目を高めています。
関連記事:「引退後の独立で考えられるケースを整理してみよう

 

スポーツと経営に関する知識を、大学や専門学校で学ぶことも可能

一方で、大学や専門学校などで専門知識を学んでから、スポーツマネジメント業界に挑戦する学生も増えています。このような教育機関で学ぶことができる、スポーツマネジメントに関する学問の一例をご紹介します。

●体育学…運動や体力・健康づくりについて総合的に学習します。
●人間科学…心理学・社会学・教育学を中心に「人間とはなにか」について学習します。
●経営学…簿記・会計・経営管理など、「企業の仕組み」について学習します。
●コーチング学…人の成長を目的としたコミュニケーション手法「コーチング」について学習します。
●スポーツ医学…アスリートの身体能力の強化、故障の予防・ケアなどについて学習します。
●スポーツ心理学…スポーツに関する課題を「心理学的に解明・解決する方法」を学習します。
●その他、実技系科目など

保健体育の教員免許や、生涯スポーツの指導者に必要な健康運動実践指導者資格、アシスタントマネージャー資格など、現場で活かせる資格が取得できる教育機関も多数存在します。

卒業後の進路としては、プロスポーツチームを運営する企業や、自治体の運営するスポーツ協会、スポーツイベントの企画会社、スポーツ用品メーカー、スポーツマネジメントを専門とするエージェント(代理店)、レジャー系企業などがあり、スポーツに関する幅広いポジションで活躍できる可能性があります。

 

まとめ

スポーツシーンを盛り上げ、アスリートの生活を支える「スポーツマネジメント」。スポーツを通して社会貢献したい人はもちろん、アスリートのダブル・セカンドキャリアとしても魅力的な職業です。土日に開講しているスクールや通信で学べる講座もたくさんあり、仕事をしながら専門知識を身につけることも可能です。興味のある方は、ぜひくわしく調べてみてくださいね。