大人も子どもも楽しめる!あなたも「アスレチック」デビューしてみませんか?


春の陽気に誘われて、アウトドアに行きたい!と思い始めている人にピッタリなのが「アスレチック」。大自然の中で身体を思う存分動かせると、最近人気が出ているのはご存知でしょうか。子どものレジャーと思われがちですが、近頃の施設はコースやメニューも豊富で、”新・大人の遊び場”としても注目されています。今回は、そんな「アスレチック」の楽しみ方や施設をご紹介します。

 

「アスレチック」のトレンドや種類とは?

「アスレチック」で思い浮かぶのは、吊り橋やターザンロープといった定番ものばかりでは? いえいえ、「アスレチック」はここ数年でかなり進化しているんですよ。早速、定番からトレンドまでバリエーション豊富にご紹介します。

【定番系】昔ながらの定番アスレチック

■ 吊り橋
施設によって地上からの高さや長さ、踏み板の隙間の空き具合など様々で、子どものころは平気だった人でも、その高さや揺れ具合に想像以上の恐怖心が生まれることも。踏み板は丸太の場合もあり、より不安定となるため難易度もアップ。

■ ターザンロープ
滑車付きのロープにしがみつき、自分の体重を利用して傾斜を滑り降ります。下記の「ジップライン」よりは距離も短いので子どもでも手軽に遊べ、滑空するというより森の中をすり抜ける感覚が味わえます。

【進化型アクティビティ系】まるで空で遊んでいるかのよう!? “空中系”がトレンド

■ジップライン
ターザンロープの進化系。木々の間に張られたワイヤーロープを、プーリーと呼ばれるハーネス付きの滑車で滑り降りていく、今大人気のアクティビティ。ロープに身をまかせて滑り降りるだけなので、体力に自信がない方や運動が苦手な方でも気軽に楽しめます。ほとんどが全長100m超のコースとなっているため滑空時間も長く、風を切って進むスピード感やスリル・爽快感は格別です。気分はまるで鳥のよう!

■空中ブランコ
サーカスでしか見たことがなかった「空中ブランコ」を実体験できます。二階建ての家ほどの高さにあるスタート地点からバーを握ってダイブ。ただブラブラと揺れるのではなく、途中に膝でバーを挟んでブランコにぶら下がるほか、上級者ともなると、反対側のブランコに乗ったスタッフに手をキャッチしてもらいブランコから離れる”サーカス技”にチャレンジ。

【自然共生系】マイナスイオンを浴びながら、自然の中で全身運動。

■ツリークライミング
専用ロープやサドル(安全帯)、安全保護具を利用して木に登る新感覚のアウトドアレジャー。木の頂上から景色を満喫したり、地面に降りることなく隣の木に移ってみたり、ツリーボート(専用ハンモック)を使って木の上でキャンプをしたりと遊び方もいろいろ。木々の温もりを肌で感じながら、樹上生活を楽しめます。

近頃の「アスレチック」は、公園の遊具のように各アクティビティ単体で遊ぶのではなく、全体がコース設定されていて、一つ一つのアクティビティをクリアしながらゴールを目指すのが主流。高さや距離、難易度の異なるコースを揃えている施設が多いので、経験値や自分の体力と相談しながらコースをセレクトするようにしましょう。

 

おすすめスポットはコチラ!

全国各地にさまざまな「アスレチック」施設がありますが、sports.pasona編集部がおすすめする3施設はこちら!

<関東>森の空中あそび「パカブ」

2017年、神奈川県南足柄市にオープン。フランス生まれのアクティビティで、日本&アジア初上陸かつ世界最大級を誇る施設。森の中に張り巡らされたさまざまな形の網で「吊り橋」や「空中迷路」、「空中バスケットボール」、「空中ミニサッカー」などのアクティビティを自由に楽しめる、他にはない個性的な遊び場です。

■住所/神奈川県南足柄市広町1544「足柄森林公園 丸太の森」内
■電話/0465-46-8879
■営業時間/(3月下旬~10月中旬)9:00〜17:00、(10月中旬から3月下旬)9:00〜16:00
■定休日/毎週月曜日、祝日の場合はその翌日。12/29~1/1。7/15~8/31は無休
■料金/小学生以上(7歳以上):2500円、3~6歳:700円、2歳以下:無料(※但し、保護者同伴の上、キッズエリアのみ利用可)
■公式サイト/http://parcabout.jp/

<関西>ニジゲンノモリ

2017年、兵庫県立淡路島公園内にオープン。アニメの”2次元”コンテンツをモチーフにしたアスレチック施設。アニメの世界に迷い込んだ気分で、「巨大アスレチック」や「ボルダリング」などが楽しめます。中でも暗闇の中を255m滑空する夜間の「水上ジップライン」は、スリル満点! 子どもはもちろん、大人も存分に満喫できます。

 ■住所/兵庫県淡路市楠本2425番2号
■電話/0799-64-7061
■営業時間/平日12:00~22:00、土日祝 10:00~22:00(※但し、各アトラクション及び季節ごとに営業時間が異なるので詳細は下記公式サイトへ)
■定休日/なし(冬季休業期間あり)
■料金/ニジゲンノモリは入場無料。アトラクションごとにチケットの購入が必要。詳細は下記公式サイトで。
■公式サイト/https://nijigennomori.com/

<九州>フォレストアドベンチャー・糸島

”百年の森”と呼ばれる素晴らしい森での空中散歩が楽しめます。専用のハーネスを装着して、様々なアクティビティをクリアしながら森の樹から樹へと空中移動。森の木々をそのまま活かしたコースは自然の中に溶け込んでいて、スリルや面白さはもちろん、森の中の心地良さを思う存分堪能できます。

■住所/福岡県糸島市二丈一貴山312-390 樋の口ハイランド内
■電話/080-5548-2070
■営業時間/09:00~15:00(最終受付)
■定休日/不定休
■料金/<アドベンチャーコース>子ども(~17歳)2600円、大人(18歳以上)3600円
     <キャノピーコース>子ども・大人2600円
■公式サイト/http://fa-itoshima.foret-aventure.jp/

 

まとめ

子どもを連れて行ったら意外と大人がハマってしまうのが「アスレチック」。たっぷり汗をかいて運動不足を解消するのにも効果的です。この春、あなたもぜひ“アスレチックデビュー”してみませんか?

 

関連記事