快適さは記録アップにつながる! スポーツウエアで使われる素材について


スポーツウエアの素材と言えば、かつては綿が定番でしたが、今や吸汗速乾はあたりまえ。機能性素材の開発が進み、種目や用途に合ったウエアが次々に登場しています。スポーツに必要な素材の特長や、お手入れのコツを知って、自分に合った快適なウエアを選びましょう!

スポーツウエアに必要な素材の特長とは

スポーツウエアに求められるのは、「安全・快適にスポーツができる機能が備わっている」ことです。一般に比べて過酷な条件下で着用されるため、以下のような機能が必要となります。

耐久性

洗濯や熱に強い、日光が当たっても変色しないなど、耐久性に優れている

強度

摩擦や引っ張りなどに対する強度がある

快適性

吸汗速乾、通気性、防水性、接触冷感(温感)、吸放湿性、消臭防臭などの機能が備わっている

安全性

衝撃吸収や耐熱性など、危険から身体を保護できる

 

素材の特徴を知ってウエア選びに活かそう

次にご紹介するのは、スポーツウエアに使われている素材の特徴です。汗をよく吸うかわりに乾きにくいなど、どんな素材にも強みや弱みがある一方で、最近では別の素材と混ぜることで上手に弱点を補うことが主流になってきているのだとか。

ポリエステル

ポリエステルは、Tシャツやユニフォーム、ジャージなどにもよく使用される素材です。一番の特長は速乾性にすぐれていること。さらにシワや型崩れしにくく、熱に強く日光による変色も少ないなど、スポーツに適した機能に富んでいます。もともと吸水性に乏しいという点はあるものの、こちらも綿やレーヨンと合わせて使うことで機能を強化しています。

ナイロン

強度があり、吸湿性がないことからスキーウエア、ウインドブレーカーなどに使用されることが多い素材です。ナイロンの特長は弾力性に富んでいることや、シワになりにくく速乾性が高いことなど。また、薬品・カビ・害虫には強いものの、熱には弱く、日光によって黄ばみやすいというデメリットもあります。

アクリル

合成繊維の中でもウールに近い風合いを持ち、セーターなどにもよく使われるのがアクリル。保温性が高く、クッション性にも優れているため、スポーツソックスに多く使われています。ただし、静電気が起きやすいことや、毛玉ができやすいなどのデメリットがあります。

ポリウレタン

ゴムのような伸縮性を持ち、摩擦にも強いことからスキーウエア、スケートウエア、陸上ウエア、水着など、幅広い競技に使われています。熱や塩素、カビによるダメージを受けやすいものの、様々な改良によってスポーツに適した機能を付帯した製品が登場しています。

ウール

ポリウレタンなどと同様、伸縮性や弾力性に富んでおり、吸湿性が高いウールは、保温効果にも優れています。綿よりも吸湿性が高く、通気性に優れているため温度調整しやすい点も魅力で、ランニングやヨガ、トレッキング、サーフィンなどさまざまなウエアに採用されています。天然の抗菌・消臭効果が高いところも、スポーツ向きと言えるでしょう。

綿

一般的な衣類の多くに使われている綿の最大の特長は、吸湿性や吸水性に優れていること。ただ、汗をかくことの多いスポーツにおいては、吸い込んだ汗が乾きにくい綿100%のアイテムは不向きです。その弱点をカバーするため、ポリエステルなどの合成繊維をミックスした吸汗速乾加工・防縮加工などが付いた商品も多くなっています。

レーヨン

サラリとした素材感が特徴で、ファッションアイテムにもよく使われる素材です。ただし、水分や摩擦に弱いという弱点から、レーヨン単体で使うのはスポーツに適していません。こちらも綿と同様、合成繊維と共に使われるのがポピュラーです。

 

防水ウエアなどのお手入れについて

スポーツウエアは、スポーツの激しい動きや過酷な条件に耐えうるタフさを持っています。ただし、お手入れを間違ってしまうとウエアを傷めたり、汗や汚れをそのまま放置しているとニオイが取れにくくなってしまったり機能を低下させたりすることにもつながってしまいます。洗濯や保管をするにも、素材に合わせた配慮が必要です。洗濯表示をよく読んで、正しいお手入れをしてくださいね。

熱に弱い素材は乾燥機やアイロンにご注意を

ナイロンやアクリル、ポリウレタンなどの素材は熱に弱く、乾燥機やアイロンの誤った使用によって縮みの原因になることも。また、夏の車内など、高温になる場所に長期間にわたって保管するのも避けるべきです。

防水ウエアのお手入れは念入りに

特殊な防水透湿性素材を使っている防水ウエアは、お手入れの方法を誤るとウエアの機能を著しく低下させかねません。大切なことは、使用するたびに洗濯をすることと、濡れたままの状態で保管しないことの2つ。他にも以下のポイントを守ってお手入れしてください。

・洗濯機で洗う際は必ずネットに入れて弱水流で洗う
・防水ウエア専用の洗剤か中性洗剤を使う
・柔軟剤は、ウエアのはっ水効果を低下させるので使用しない
・ウエアを傷めるので、脱水機能は使わずに、バスタオルで包むように水気を拭き取る
・日光に当たらない風通しのよい場所で陰干しする
・撥水性を回復させるため、乾燥機や低温のアイロン、ドライヤーなどで熱を加える

関連記事:「アスリート必見!スポーツウエアについた汗のニオイ対策

 

まとめ

競技やシーン、季節に適したスポーツウエアを選べば、快適に動くことができます。さらに、ウエアの選び方次第でパフォーマンスが向上し、成績を伸ばすことだってできるかもしれませんよ。

 

関連記事