急な海外遠征・出張でも困らない! カシコい荷造り&パッキングのコツ


海外遠征や長期出張、旅行などではどうしても荷物が増えてしまいがち。衣類を中心に、洗面用具やケーブル・充電器類、書類や本、ヘアケア用品やメイク・スキンケア用品etc.と、出掛ける日数に関わらず必要不可欠なものは数多くありますよね。ですが、同じ荷物量でも”カシコく”パッキングすると意外とコンパクトに収まるもの。そこで今回は、パッキングのコツやアイデアをご紹介します。

 

パッキングの基本とは?


荷造りが下手な人は、ただ無造作に荷物を詰めているだけかもしれません。下記を参考にして、パッキングのコツを掴んでみてくださいね。

① 入れる順番

● 重い物ほど底に詰める
パッキングの基本。スーツケースの場合は、立てた時に重い物が底にくるように順に並べます。そうすることで荷崩れを防ぐことができ、さらにスーツケースの重心を安定させることにもつながります。また、バックパック(リュック)などの場合は、背負った時に重心が安定するよう重い物は背中側に入れ、左右対象の重さになるようにパッキングするのがポイント。

● 壊れやすいものは中心付近
電子機器やヘアアイロンなどはタオルなどに巻いて中心付近に入れ、クッション代わりに周りを衣服などで包むように収納しましょう。

● 移動中に使うものは最上層
資料や本など、移動中に使うものはサッと取り出せる最上層へ。

② 工夫するポイント

● 衣類は丸める
Tシャツや軽めのセーター、ボトム類、タオルなどは棒状にクルっと巻いてコンパクトに。薄手のTシャツは何枚か重ねて巻いてもOK。

● 圧縮袋&風呂敷を利用
厚手のセーターなどかさばる衣服は、圧縮袋を使うのがオススメ。袋に入れたら手でくるくる巻いて空気を抜いていくだけなので、どんな場所でも手軽にできて便利です。また、パッキングバッグやトラベルポーチの代わりに使い勝手抜群の風呂敷を。形を変えやすい風呂敷は量の変化に対応しやすく、荷物をきれいにまとめる役割はもちろん、ギュッと縛って圧縮することもできる万能アイテム。

● 日にちごと、ジャンルごとに分ける
その日身に付ける衣服や下着類一式をセットにして2日目分、3日目分と日にちごとに小分けにするのも、特にパッキング下手な人には有効。また、お出かけセットや睡眠セット、入浴セットなど、同じタイミングで使うものをジャンル分けして収納ポーチや袋に入れまとめておきましょう。必要な物がスマートに取り出せるので、その都度荷物を広げることなく、旅先でバタつかずにすみます。

● 洗濯ネットを利用
収納ポーチ代わりに洗濯ネットを使用。ホテルなどで洗濯する際はそのまま使え、さらに使用済みの下着や衣服を入れて持ち帰りすれば、帰宅後にそのまま丸ごと洗濯機に放り込めるので荷解きがラクになります。

● 靴の収納にもひと工夫
靴の収納には、シャワーキャップが便利。靴底の汚れで他の荷物を汚すことなくパッキングできるすぐれものです。また、靴の中の空洞を有効活用し靴下などを詰めておくと、靴の型崩れ防止にもなって一石二鳥。

● 一番かさばる衣服は出発日か最終日
持っていく洋服の中で一番かさばる洋服を出発日に着て行くことで、荷物をコンパクトにすることが可能に。また逆に最終日に着ることで出発時よりも空きが生まれ、お土産などを入れるスペースとして活用<することもできます。

③ 注意しておきたいポイント

● 中身が動かないようにする
荷物を少なくするのはベターですが、あまりにスカスカだと移動中に中身がぐちゃぐちゃになってしまうケースも。なるべく中身が動かないように固定する必要があります。そこでオススメなのが、エコバッグ&新聞紙。軽く丸めた新聞紙をエコバッグに入れてスーツケースの隙間に詰めます。帰りに荷物が増えたら、新聞紙を捨ててスペースを作ったり、滞在先で購入した割れ物などのクッション材として使ったりできます。また、エコバッグはお土産などで荷物が増えたときに使えるので大変便利です。

● 液体物は入れ替え&チャック付きポリ袋へ
シャンプーやボディソープ、その他の化粧品などは使う分だけトラベルセットなどの小さめの容器へ。重量はもちろん、容器によるかさばりが減ります。また液体が容器から漏れる可能性があるので、必ずジッパー付きのプラスチック袋に入れることは忘れずに。

これらのコツを上手に活用しつつ、何よりも、”使うかもしれない”、”あったら便利”の荷物を入れないことが、パッキングをするうえで、最も重要な心得と言えるでしょう。

関連記事:これがあれば安心!合宿や海外遠征で持っていくべきアイテムとは

 

家にあるものを活用する!


家にある意外な物が、パッキングに便利な道具となる場合も。使い勝手もよく、低価格なので場合によっては滞在先で廃棄したりもできるのも◎!

ピルケース(錠剤入れ)×アクセサリー

指輪やピアスなどのアクセサリーの収納には、ピルケース(錠剤入れ)が便利です。入れ物自体とても軽いうえ、部屋が分かれているので取り出しやすく、アクセサリー同士で傷をつけ合う心配がありません。

メガネケース×コード類

充電ケーブルやイヤフォンなどのコード類の絡まりを防止するなど、接続部分を傷めることなく持ち運べます。

コンタクトレンズケース×化粧品

リキッドタイプの下地やファンデーション等のベースコスメは、未使用のソフトコンタクトレンズケースの中に入れればコンパクトかつ漏れないので安心。また化粧水や乳液、クレンジングオイル、ハンドクリームなどにも利用すれば、かなりの荷物が減らせます。

ストロー×ネックレス

ネックレスなどチェーンのあるものは、ストローに通すと絡まりにくく、急いでいるときでもサッと取り出して使えます。

ラップの紙芯×スカーフ・ストール

シワや折り目対策として、ラップの紙芯にスカーフやストールを巻きつけるのも上手なパッキング技の一つ。

 

まとめ

面倒なパッキングも少しの工夫をすれば、滞在先でラクができます。急な出張や海外遠征などが多い人は、これからはパッキングをルーティーン化しましょう。そうすれば時間がない状況でも焦ることなく準備が可能になりますよ。ぜひお試しくださいね。