通が教える!座席の選び方で変わる野球観戦の楽しみ方


初めての野球観戦。チケットの種類がたくさんあるけど、一体どの場所のチケットを購入したらいいのか分からないあなたに。野球観戦の、座席ごとの楽しみ方を野球通に聞きました。「バックネット裏」「内野席」「外野席」と大きく3つに分けてご説明します。

野球観戦には最高!バックネット裏 

20160714_27_2

バックネット裏とは、本塁周辺の席のこと。ピッチャーとバッターの攻防を近くで見られます。TV中継もバックネット裏からの映像が一番多いです。一般的にはこの辺りが一番いい席とされており、お値段が一番高いのもここ。グラウンドに近い前側の席は、選手が目の前で見られるので、試合の迫力をダイレクトに感じることができます。お目当ての選手がいる場合も前側の席がいいでしょう。しかし、野球通は後側を好むことが多いです。後ろになるほど視点が高くなるので、グラウンド全体を一望できて試合の流れを把握しやすく、観戦の王道席とも言えます。

 落ち着いて大人の観戦 内野席

20160714_27_3

内野席は、一塁と三塁周辺の席です。選手のプレイを近くで見ることができるため、抜群の臨場感を味わうことができます。また、立ち上がって応援する人が外野より少なめなので、座ったままでも視界が遮られにくく、じっくりと落ち着いて観戦できるという利点があります。価格帯は中間程度で外野より少し高いくらい。座席の座り心地がいいなど、外野席よりもちょっといい座席が設置されていることもあります。ただ、ファウルボールがよく飛んでくるので、ボールの行方には注意しましょう。

 大声を出してワイワイ応援!外野席

20160714_27_4

外野席はホームベースから一番遠い席ですが、その分「何でもアリ」の雰囲気があります。応援歌を大声で歌ってもOK。ホームランの時は立ち上がってピョンピョン大喜びもOK。賑やかに観戦したい人はこちらです。運が良ければホームランボールがもらえるかもしれません!ただし当たってケガしないよう注意してくださいね。

席の値段も、外野席が一番リーズナブルであることが多いです。外野手のファンの人は、ここが近くでお目当ての選手を見られる席になります。選手のお尻ばかりでなく表情も見られるよう、斜め後ろ辺りに陣取るといいでしょう。一番盛り上がる席といえますが、反面、マナーはあまりよくないかもしれません。酔っぱらいには注意したほうがいいかも。

ところで、ホーム球団とビジター球団、どちらを応援するかで座る席の決まりはあるのでしょうか。特にビジター側のファンだと気になるところですね。次は席の位置の選び方についてご説明します。

 一塁側と三塁側、どちらを選んだらいい?

20160714_27_5

一般的には、一塁側がホーム、三塁側がビジターの応援席であることが多いようです。しかし、例外もあり、例えば札幌ドームのビジター応援席は一塁側にあります。球場によってはビジター席が明確に指定されていることもありますので、球場の公式サイトなどで調べてみましょう。

また、ホームチームのファンでありながら、わざわざ三塁側のビジター席を選んで購入する場合もあります。ホームの選手が待機するベンチ内が見られるのは三塁側の席だからです。しかしその場合は、ホームチームのユニフォームの着用や応援グッズの持ち込み、声を出しての応援は控えることがマナーです。

まとめ

野球観戦における場所の選び方は、大ざっぱに言うと、
・ワイワイ賑やかに楽しみたい→外野席
・落ち着いて自分のペースで楽しみたい→内野席
・野球の試合そのものをじっくり観戦したい→バックネット裏
となります。
観戦する場所によって楽しみ方が違いますので、自分にあった場所を見つけて思う存分野球観戦を楽しんでくださいね!