ルールを知らないなら、ここだけ見とけ!バスケ観戦をする際のポイント


狭いコートの中を常に走り回り、攻防が一瞬で入れ替わるバスケットボール。試合展開も速く、緊迫した試合を楽しむことができるスポーツです。今回はバスケットボール初心者でもこれだけ押さえておけば、OKというポイントを厳選いたしました!

25秒間隔のリズムを感じよう!

20160812_102_1

バスケットボールは3秒ルール、5秒ルール、8秒ルール、24秒ルールという細かい時間ルールがあります。バスケットボール観戦初心者の方は24秒ルールを覚えておきましょう。24秒ルールとはボールを持ったチームは24秒以内にシュートを打たなければいけないというものです。そのため、24秒以内に攻防が入れ替わる可能性があります。キリの良い25秒でゲーム展開が変わると覚えておくと良いでしょう。ちなみにこの24秒ルールはボールがリングに当たった瞬間にリセットされます。シュートを打ったチームが再度ボールを奪えば、そこから24秒間ボールを展開することができます。

試合時間を覚えよう!

20160812_102_2

バスケットボールは攻防が瞬時に入れ替わる激しいスポーツです。そのため、試合時間もその他の競技よりも短く設定してあります。バスケットボールは4クウォーター制を取っており、1クウォーター10分で行なわれます。10分の試合が終了したら、2分間のインターバルがあります。そして、第2クウォーターと第3クウォーターの間に10分もしくは15分のハーフタイムが設けられています。分かりやすくいえば、前後半20分ずつ、合計40分の試合が展開されます。この4クウォーターをうまく把握し、体力の配分や攻防のバランスを考えなければいけません。4回のうち、どのタイミングで勝負をかけてくるかを予想しながら、観戦を楽しむことができます。

得点の種類を覚えよう!

20160812_102_3

バスケットボールは相手チームのリングにボールを入れると得点が加算されます。また、得点には3点、2点、1点の3種類があります。バスケットボールコートには各半面にリングを中心とした大きな半円があります。これをスリーポイントラインといいます。このスリポイントラインの外からシュートし、リングに入ると3点獲得できます。スリーポイントライン内でのシュートは2点の獲得になります。また、相手チームがファウルを行なったときに得られるフリースローでは1点が獲得できます。遠いところからのシュートは3点、ファウルが起きたら、1点、それ以外のシュートは2点という感じで覚えて起きましょう。

まとめ

バスケットボールは攻防の入れ替わりが早くて、緊迫した試合展開を楽しめます。また、10分という限られた時間内での駆け引きも重要になるスポーツですので、今回ご紹介したルールを覚えた上で観戦してみてください。