食わず嫌いじゃもったいない!マラソン・駅伝「観戦」のススメ


スポーツを楽しむのにベストな秋は、様々な競技のシーズンがスタートする時期でもあります。中でも意外と知られていないのが、秋はマラソンや駅伝シーズンの到来ということ。全国各地で数多くのマラソン・駅伝大会が繰り広げられ、テレビ中継なども盛んに行われますが、「ひたすら走っている姿を長時間見るのは…」と、観戦することにあまり興味が沸かない人も多いのでは?ただ漠然と観戦するのではなく、“応援に参加する”という楽しみ方を見つけると、よりランナーが身近な存在になり、観戦することへの熱もグンと上がります。今回はそんなマラソン・駅伝観戦の楽しみ方をご紹介します。

 

秋はマラソン・駅伝シーズンがスタート!

日本を代表するトップランナーが出場するハイレベルな大会から、一般ランナーが参加する市民大会まで、秋から冬にかけて多数のマラソン・駅伝大会が開催されます。

市民マラソンは、台風もひと段落して気温も下がり、ランナーにとって走りやすくなる10月から3月ごろまでがメインシーズン。秋は応援する側にとっても心地いい季節ですが、冬はかなり冷え込みますので防寒対策をしっかりとしましょう。

また、特に認知度も高く、多くの根強いファンが存在しているのが「学生駅伝」です。10月開催の「出雲全日本大学選抜駅伝」、11月開催の「全日本大学駅伝」、そして今やお正月の風物詩とも言える、1月開催の「箱根駅伝」は、“学生三大駅伝”と呼ばれ、各大学のプライドをかけた戦いは見る者を虜に。これらの「学生駅伝」で活躍し、その後、マラソンや長距離種目などの 日本代表となるランナー も多いことから、学生の時点ですでに注目が集まっているのです。

馴染みのある有名校がズラリと揃っているので見ごたえもあり、また自分の母校が出場していると、より応援にも熱が入るので、是非一度見てみることをおすすめします。

 

市民マラソンを現地で楽しむには?

ランニングブームもあって市民マラソン大会は、今や全国各地至る所で開催されています。まずは、自分の住んでいる地域付近で行われるマラソン大会へ応援に行ってみてはいかがでしょうか。

大会の大小に関わらず、沿道にはランナーを応援するためにたくさんの人が訪れています。ランナーの息遣いを身近に感じながらトップ集団のデットヒートを応援したり、順位に関わらず懸命に走るランナーを最後まで応援したりと、現地ならではの楽しみ方があり、また何よりテレビで見る以上のランナーのスピード感に圧倒されます。大型都市マラソンなどでは、有名人や人気キャラクターに扮したコスプレランナーなども走っているので、単純に見ているだけでも面白く、レースの応援というよりイベントに参加しているような楽しさが味わえます。

友人や知人が出場するなど応援したいランナーがいる場合は、各大会の公式サイトで紹介されているWebサイトやスマートフォンアプリを活用。名前やゼッケン番号を登録すると、計測地点を通過したランナーの記録をすぐに確認でき、現在どのあたりを走っているのかを表示してくれるので便利です。交通機関で先回りして複数の箇所で応援したり、感動のゴールに立ち会ったりもできるので、より応援のしがいがアップします。

 

差し入れで直接的な応援ができる!

声援するだけでは物足りなくなったら、沿道での差し入れでランナーをバックアップするのも楽しみ方の一つです。大会によっては、私設エイドステーション(水分や食べ物の補給所)が許可されている場合があるので、飲食物を手渡しすることも可能。ランナーとコミュニケーションが取れ、より直接的な応援につながるのが醍醐味です。

差し入れは、ドリンクと片手で持てる軽食がメイン。ドリンクの種類は、スポーツ飲料はもちろんですが麦茶や炭酸飲料、加えて長距離を走るランナーは塩分不足に陥ることがあるので、味噌汁やスープが喜ばれることも。紙コップに入れて、お盆に置いておくとよいでしょう。また、軽食は定番のバナナやオレンジなどフルーツのほか、飴・チョコレートなどのお菓子、バータイプやゼリータイプの栄養補助食品といった、手で持ちながら走ることのできるものが好まれます。

あとは、汗をぬぐってスッキリと気分転換できる「おしぼり」や、筋肉疲労対策用に「冷却スプレー」などを用意すると、さらにランナーの気力を高めてくれます。友人や知人に差し入れする場合は、あらかじめ好みを聞いておくのがベター。特に気温が高い季節に食べ物を取り扱う際は、衛生管理に十分注意しましょう。

 

駅伝の応援の楽しみ方とは

日本発祥とされる駅伝。マラソンとは異なりチーム戦となるため、ドラマ性が高く、最後まで展開が読めないのが駅伝の魅力です。日本での人気は高く、テレビ中継も多いので、まずはテレビ観戦がおすすめ。日本代表が出場する「国際駅伝大会」、実業団の有力ランナーが一斉に集う「実業団駅伝」、学生チームの頂点を決める「学生駅伝」などはテレビ観戦ができます。

観戦の前に出走するチームの歴史や、現在の各チームの戦力などを少しでもインターネットで調べておくと、注目ポイントが絞られ、その後の観戦が楽しくなります。また、観戦初心者の人でもわかりやすい実況・解説付きで見られるのもテレビ観戦ならでは。難解なルールがない分、チームやランナーにまつわる情報が区間ごとにもたらされるので、飽きることなく見続けられます。ドラマチックな展開が多いこともあり、アナウンサーの熱のこもった実況も名物となっていて、こちらも観戦の楽しさをアップさせる要因に。

そしてテレビ観戦もいいですが、やはり現地での観戦も楽しいものです。自分が所属している会社や関連会社が「実業団駅伝」に、または大学の母校が「学生駅伝」に出場していればなおさらです。沿道の各所にそれぞれの応援団がいることが多いので、その輪に入ってみてはいかがでしょうか。仲間たちと一体感のある応援でランナーを盛り上げられるのも、現地での応援の魅力です。さらに「箱根駅伝」などでは、中継所付近で“ふるまいイベント ”を実施していることも。お酒や現地の名産品がふるまわれるので、観戦の際の楽しみとしている人も多いようです。

 

まとめ

スポーツ観戦が趣味の人も「ただ走るだけ…」とマラソンや駅伝観戦を食わず嫌いにしている人も多いのでは?一度見るとその魅力に取りつかれますし、応援に参加することでよりその楽しさにはまっていくこと間違いなしです!

関連記事