作る時からワクワク!気持ちがきっと伝わる「ハンドメイド応援グッズ」のヒント集


大好きなスポーツ観戦に応援グッズが加われば、自然と盛り上がりますよね。それが手作りのグッズともなれば、さらに応援に熱が入ること間違いなし!周囲の人とのコミュニケーション作りのきっかけになる他、応援中の手持ち無沙汰な時間の解消にも一役買ってくれますよ。それでは早速、簡単に作れる応援グッズのアイデアをご紹介しましょう。

 

熱い気持ちをグッズに込めて!見た目で応援するグッズ


まずは、選手へのメッセージを込めたグッズを準備して、見た目で応援しましょう。友達同士でお揃いにすれば、さらに盛り上がります。なお、最近は100円ショップでも手作り応援グッズ用の材料が充実している様子。パーティーグッズのコーナーなどをのぞいてみてくださいね。

手作りうちわ

うちわは、暑さ対策としても役立つ、実用性を兼ね備えた応援アイテムです。作り方はとっても簡単!文字が目立つ黒地の大判うちわに、蛍光色のカッティングシートを切り抜いたものを貼り付ければ完成です!さらにクオリティを上げるならば、うちわ用ラベルを家庭用プリンターで印刷してうちわに貼るという方法も。ラベルに付属しているPC用テンプレートデータを利用すれば、写真や文字などを自由に入れたデザインが簡単に作れます。

フォトプロップス

応援グッズの新しいトレンドと言えば、話題のフォトプロップス。文字の入った吹き出しなどのイラストが描かれた紙に棒がついたフォトプロップスを手にすれば、インスタ映えもバツグン!スポーツ観戦には、ぜひ「GOAL!」「Go For It」などのメッセージを書いたフォトプロップスを持って行きましょう!段ボールや厚紙の上にメッセージを書いた紙を貼って切り取り、ストローや割りばしで持ち手をつけるだけで作れますよ。

ボディペイント

ボディペイント用の絵の具も100円ショップで揃います。フリーハンドでペイントするのがむずかしい場合は、ステンシルタイプの抜き型を使えば解決!水なしで落とすことができるので、気軽に挑戦できそうですね。また、うちわと同様、家庭用プリンターを使ってボディペイントシールを印刷できる商品も登場しています。

衣装

友達とお揃いの衣装で応援するのも盛り上がりますよね!100円ショップにも充実している日の丸やJAPANの文字が入った旗や帽子、はちまき・扇子などは、国際試合にもピッタリ!カチューシャやウィッグ、ネイルなどのアイテムをチームカラーで揃えても楽しいですよ。

 

振って、鳴らして!にぎやかな音で応援するグッズ

ポンポン

ポンポンの素材となるテープは、荷造り用のビニールテープやキラキラのメッキテープなど何でもOK!幅が太いテープを選ぶと、ボリュームアップしてゴージャスに仕上がります。メタリックなカラーは遠くからも目立ちますし、何色かミックスして作るのもキレイですね。作り方としては、テープを漫画雑誌や電話帳などに15回ほど巻き付け、はずしたテープの真ん中を紐で縛ります。そしてテープを半分に折り、折ったところを固定するようにもう一度縛ります。あとは輪になった部分を切って、バランスをみながらテープを広げていくだけ!メッキテープの場合は、少しねじりながら広げるとキレイに開くことができます。

ペットボトルマラカス

用意するのは、500mlのペットボトル2本。まずは、チームカラーのビニールテープを貼ったり、ステッカーを貼ったり、ボトルに好みのデコレーションを施します。お米や豆、ビーズなど、音の出る物を中に入れたら、フタをして完成!キャップがはずれて中身が飛び出るのが心配な方は、ビニールテープを巻いておくと安心です。さらに、ビニールひもやリボンで2本をつなげば、首からかけることもできますよ。小さなサイズのペットボトルで作ると、お子さんも使いやすいでしょう。

 

まとめ

試合のことをあれこれ思い浮かべながら、グッズを作る時間もまた楽しいもの。お子さんや仲間と一緒に作れば、応援に行く前から盛り上がりは最高潮に!? ただし、スポーツの試合では応援グッズの利用制限があることも。特に鳴り物系は注意が必要です。会場によっては太鼓や笛などの使用を禁止している場合があるので、事前に調べておくと安心です。しっかりマナーを守りながら、応援を気持ちよく楽しんでくださいね。