万全の準備で楽しもう!サッカー観戦の持ち物で必要なものとは


初めてのサッカー観戦では、何を持っていくべきか戸惑う人も多いのはないでしょうか。サッカー観戦は、雨や夏、冬など季節や天候に合わせた準備が必要です。サッカー観戦を楽しむために、基本の持ち物からあると便利なグッズまでご紹介します。

サッカー観戦の持ち物の基本

160730_31_2 サッカー観戦に必要な基本の持ち物からみていきましょう。

  • チケットホルダー
  • タオルマフラー
  • 雨具
  • ビニール袋
  • 双眼鏡
  • 水筒

サッカー観戦でチケットは必須です。チケットホルダーがあると、トイレや売店に行くときに席を立つときでも、すぐにゲートで再度チケットの確認ができるため便利です。

Jリーグや日本代表の試合では、応援するチームのタオルマフラーを持っていくと、振り回して応援が楽しめます。タオルマフラーはスタジアムの中や外で販売されていることが多いです。

サッカーは台風や雷、大雪などのケースを除くと、雨でも試合があります。サッカー観戦では傘は後ろの人の迷惑となるため、雨が降りそうな日には、レインコートやポンチョを用意しておきましょう。ごみ袋などビニール袋があると、雨のときに荷物を入れておくのに役立ちます。

陸上トラックがあるスタジアムなど、ピッチから席が離れている場合には、双眼鏡を持参すると、細かな動きも見ることができます。

ペットボトルはスタジアムによって規制があり、入り口で紙コップへの移し替えを求められることはあります。しかし、売店は行列になっていることがあるため、水筒などに入れて飲み物を持参しておくとよいでしょう。

夏のサッカー観戦で必要な持ち物は?

160730_31_3
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • タオル

夕方の試合でもスタジアムによっては、日差しが強い席がありますし、入場を待つ間は屋根のない場所での待機となることが多いです。夏のサッカー観戦では、帽子やサングラス、日焼け止めを用意しておきましょう。タオルがあると、汗拭きだけではなく、首に巻いて首の日焼け防止にもなります。

冬のサッカー観戦で必要な持ち物は?

160730_31_4 冬のサッカー観戦では、寒さ対策用の持ち物が必要です。

  • 帽子
  • マフラー
  • 手袋
  • 耳当て
  • ひざ掛け
  • カイロ
  • 水筒

帽子やマフラー、手袋のほか、耳あてをつけると暖かさが違います。ひざ掛けとともに、座席に敷くためのバスタオルがあると底冷えが防げます。カイロは服に貼るタイプや靴の中に入れるタイプなども用意すると、寒さが苦手な人も過ごしやすいです。冬は暖かな飲み物を水筒に入れていくと、冷めにくくて重宝できます。

まとめ

サッカー観戦は屋外ですので、天候や季節に備えた用意があると、暑さや寒さ、雨などの自然条件によらず楽しめます。ここまでにあげたグッズを参考に、万全の準備でスタジアムに向かいましょう。