野球観戦で盛り上がるために準備したい持ち物5選!


テレビで野球を見たことはあっても、初めてのスタジアムでの野球観戦では、何を持っていくべきか悩む人もいるかもしれません。そこで、野球観戦で盛り上がって楽しむために、準備しておきたい持ち物をまとめました。

ラジオ

野球観戦では、複雑なプレーや様々な状況を把握することが難しいことがあります。そんなときにはラジオを持っていき実況を聞きながら観戦することで、より野球観戦を楽しむことができます。まわりの迷惑にならないようにイヤホンも持参しましょう。

応援グッズ

160730_32_2 野球観戦はレプリカユニフォームやメガホン、タオル、ジェット風船などの応援グッズがあると、応援に力が入り、まわりとの一体感も楽しめます。タオルは首にかけたり、振り回したりして使います。球団やスタジアムによっては、7回の攻撃前のときにジェット風船を飛ばして応援します。応援グッズは球場でも販売していますが、売店が混雑していることもありますので、事前に用意しておくか、早めに行くのがおすすめです。

ただし、内野席ではじっくりと野球を見たいと思っている方が多いので、応援での騒ぎすぎには注意しましょう。

グローブ

160730_32_3 内野席だけではなく、外野席もホームランボールが飛んでくることがありますので、飛んできたボールをキャッチするためにグローブを用意しておきましょう。ファールボールも最近ではもらえることが多いようです。慣れた人でなければキャッチするのは難しく、自分の席の近くにボールが飛んでくる可能性も限られていますが、キャッチすれば注目を集めることもあります。

双眼鏡

160730_32_4 テレビではグランドの選手がアップで放送されていますが、球場での観戦では選手の表情を確認するのは難しいです。双眼鏡やオペラグラスがあると、選手や監督の動きが気になったときに、外野や遠くにいる選手の顔も確認することができます。

特に外野席や内野席でも上の方の座席の場合には、双眼鏡を用意しておくとよいでしょう。

シートクッション

160730_32_6 プラスチック製の椅子に長時間座っていると、腰やお尻が痛くなってくることがあります。クッションシートや座布団などを持参すると、長時間の試合でも快適に座っていやすくなります。

まとめ

このほかにドームを除いて、雨が降りそうな日はレインコートやポンチョ、夏は帽子、冬は耳あてやマフラー、ひざ掛けといった、天候に合わせた用意が必要です。野球観戦当日は、マナーを守って楽しみたいですね。